スタッフブログ - 熊谷市「和鍼灸治療院」

HOME > スタッフブログ

熊谷市・深谷市・行田市 なぜヨガ・ストレッチ・運動で身体が壊れることがあるのか

2018年04月15日 [記事URL]

多くの方がヨガやストレッチや運動を良いものだと考えています。

しかしまた多くの方がヨガやストレッチや運動で身体が壊れているのも事実です。

人にはそれぞれ合った運動指導があるのです。

身体の不調のある人がヨガやストレッチや運動をすることで治りにくくなっている場合があります。

指導者が重要な所以です。

このような場合、治療院でそれらをストップさせると治る方向に向かいます。このようなケースは実は多いです。


なぜこのようなことが起こるのでしょうか?今回、原因を三つあげてみます。

一つは身体へのイメージの問題です。

このようなことができると~に良い、というイメージがすでに間違えている。もしくはその人に合っていない。

当院の患者様でも開脚を一生懸命にやった結果、足や手のしびれが出てしまった方がいます。

どこの病院にいっても原因不明で、しかもそれを開脚が悪いということもわからなかったので、治療院でも涙をながすほど悩みに悩んでいましたが問診をしていてたどり着きました。

開脚が流行っていましたが、その方も昔体操をしていたころを思い出して無理をして柔軟体操をした挙句、身体を壊してしまったわけです。

開脚ができても、別に健康とは関係ありません。どちらかというと達成感や見栄の要素が強いものです。

もちろん開脚を煽っている側はそんな問題まで面倒をみてくれません。個々人の責任において、ということです。

同様の事は、ヨガやストレッチや運動全般に言えることです。

自分に適さない身体イメージを身体に強要すると不具合がおこる、ということです。

当院ではストレッチをやめさせて症状がよくなるケースをたくさん見てきました。

「ストレッチは安全で無条件に身体によい」というのは大きな誤解の一つです。

伸ばしてはいけない部分を一生懸命伸ばしているケースが多いのです。まさに身体イメージの問題といえます。


二つ目は、動くところだけしか動かしていない、ということです。

前述した開脚の話で言えば、ある部分が動いていないために負荷が集中して、大変な状態になっていったわけです。

そしてその動かない部分というのは案外自分ではわかりません。

ヨガやストレッチや運動が良い、と思って実行しても、結局自分の動きやすいところだけを動かしているために負荷が集中する、もしくは歪みが拡大する、ということが起きてきます。

同じ運動をしてもどんどん元気になる人とそうでない人がいるのはどういうことなのでしょうか?

その人のもって生まれたものや、食べ物の違いもあるでしょう。しかし重要なのは全身の連動が上手くつかえているかどうか?なのだと思います。

例えば同じ運動をしても、股関節や肩関節からしか動きがない人と、脊柱から動きがある人では、動きが全く違います。

脊柱、体幹からながれるような動きがある人は、同じ動きをしても負荷のかかり方が全く違います。

さらに運動の効果も違います。動く筋肉や骨が違うため、血流・リンパなどの流れも違ってきます。

こうして「同じ運動」(と一見そう思われるもの)でも成果に大きな違いが生じてくるのです。

子供を観察すると身体全体から動きがあります。年をとるにつれ動きの連動が失われていきます。

遊び中の子供の動き 参考動画

子供は全身でバランスをとっています。手を前に出すだけでも身体全体をつかっています。胸郭が柔軟だからこそ、背骨の動きがあるのがみえます。

話を戻しますと、失われた動きを考慮せず今動かせるところだけを動かしても、局所に負荷が集中しそれが体の不調を生む場合があるのです。

身体を良くする手順としては、「失われた動きの分析と回復」のほうが先になるということです。

三つ目に、加減がわからないといことです。

つい、多くの人が真面目に同じ動きをやりすぎてしまいます。

自分のイメージのままに、ある動きだけを、一生懸命にやりすぎてしまう。

そこでまた身体の不具合が出たときに、「あれ、おかしいな?」と感じられるかどうかです。

例えば、痛み。

筋トレしたあと筋肉痛になるのは、そこに「超回復」という目的があるなら良いでしょう。筋肉が増える過程として意味があります。

しかし、ジワーッと筋膜が伸ばされてストレッチしたあとの痛み...これには何か意味があるでしょうか?

実は筋膜が伸ばされるだけで、何も意味を成しません。

筋膜が伸ばされて何か意味があるでしょうか?

筋肉は収縮するときに力を発揮します。筋膜が伸ばされると収縮の妨げになります。

ですので試合前の静的ストレッチ(ジワーッと時間をかけて引き延ばすストレッチ)は筋力低下を引き起こすため避けます。

靭帯も伸ばされ、体幹との連動も失われます。

私がみたところ、ヨガやストレッチをして身体を壊すのは筋力不足の人に多いように思います。

筋力は弾性で伸ばしても縮みます。筋力があり定期的に運動している人はちゃんと収縮することが行われています。

体調不調の人が、ヨガやストレッチをして身体を壊すのは、スタティック(静的)な動きが強調され体が伸び切っていて連動が失われているという問題があるようです。

この不具合に、当事者は気がつくでしょうか?おそらく99%気が付かないでしょう。

自分の不調に、自分ではなかなか気が付かないものなのです。

また、頑張りすぎて局所の負荷を多くかけてしまうケースも多々あります。

この場合、頑張れば頑張るほど身体が壊れます。適切な動きを見極め、適切な量の運動をすることが大事なので、実は結構難しいです。

当院では運動の指導をするときに、

よく「どれくらいやるのですか?回数は?」という質問に対し、「テキトーに、ヒマ見てやってください♪」みたいな言い方をすることが多いです。

実は「自分でどれだけやったらOKなのかという基準を自分で体感することの方が先」なので、このような言い方になってしまいます。

自分自身の身体と対話して、自分自身で加減して修正できるようになると一番強いわけです。

ストレッチとかを自分でやってる場合は、こちらも一生懸命「静的ストレッチはやらないほうマシですね。動きがつけばOKなんで、テキトーにやってください♪」と言います。

一生懸命にやって身体が壊れている人が多いからです。


なお、ホットヨガは当院ではあまりおすすめしません。理由を説明いたします。

ホットヨガが合う人は実は少ないです。血流に問題がある人、虚弱な人、更年期などの人は悪化する可能性に要注意。

「汗をかいてスッキリする人」「暑いところがOKな人」...これは合う人。

これを東洋医学的に解説しますと、しっかり体力があり気が詰まってイライラしてる「気滞」の人に向いていると言えます。

気滞の人は運動して汗をかいて発散させることで、詰まっていた気が巡りだすので調子がよくなるのです。

しかし血が不足しがちな血虚の人は暑いところで汗をかいて悪化。

気が不足しがちな気虚の人も疲れて悪化。

血が滞ってる人も、気虚や血虚が伴っていることが多く、わざわざ暑いところで汗をかくメリットはない。

中年以降は陰虚が多くなるので、中年の方も暑いところで汗をかくと悪化の可能性が高い。
(中年期の更年期障害や自律神経失調症に陰虚が関わることが多い)

水のさばきが悪い痰湿の人も女性の場合とくに気虚や血虚を伴うことが多い(脾虚湿盛)のですすめにくい。

このように見ていくと、特に治療院に関心を持つ女性では合う人の方が少ないように思います。

ホットヨガが合う人は、ある程度がっちりしてて、ストレスが溜まってイライラしてて動くとスカッとする人。

あとはやめたほうが無難。インストラクターもきついから常温より続かないらしいですね。

治療院に来るような人にホットヨガは「まあ、やめておいたほうがいいと思いますよ」と伝えますが、自分で身体を動かして良くなりたいという気持ちは本当に尊いのでその火は消したくないと思っています。

自分で治す気持ちは最高に素晴らしいのです。

ただ「自分に合う・合わない」を見極めていくことが重要になります。

不調の人に、何か運動してますか?と聞いて、それをやめさせると症状の回復が早まるケースを多々見てきました。

迷ったときは、少しやめてみて自分の身体が調子がどうなるかで確認してみると良いでしょう。

自分の身体で判断できることが実は最重要のスキルなのです。


もしお困りの時は当院にてお気軽にご相談ください。

身体を傷めないセルフケアやヨガなどのお話をしています。

ご参考になれば幸いです。

自分で元気になっていく治療院なら和鍼灸治療院へ。

整体のみでもOKです。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町




動きで担保される循環システムと自然治癒力

2018年04月06日 [記事URL]

当院は自然治癒力を引き出す治療をしています。

元々自然治癒力を活かした東洋医学をベースとしていましたが、次第に幅広く考察を深め、治療法は現在もなお進化中です。

「患者様が勝手に治っていく治療院」だといいな、と思っています。

結局、日常が大事なわけですから「日常で治るモード」に入っていることが大事なわけです。

実は治療家はきっかけにすぎず、ほとんど患者様の力で治しています。自然治癒力が最重要です。

そのなかでも「動きによって担保される循環のシステム」はほとんどの方にとって意外と盲点だと日々痛感しています。

多くの方が「血流が悪い」「冷えが悪い」「巡りが悪い」と悩んでいます。

そのなかの多くの方が食べ物・サプリ等や他人が推奨した体操で対応しようとしても、効果が実感できない方が多いのが実情です。

これはなにが起きているのかというと、食べ物・サプリ等を変えたとしても、「ポンプの役割の動き」がなければ局所に運ばれない、ということです。

他人が推奨した運動をしても、「自分の身体の動くところしか使っていない運動」ならば、動きの悪いところの問題は解決しないのです。

動かないところを見つけて動かすように促す。これが私たちのできることです。

動きが回復すると、勝手に血流やリンパや間質液の流れが変わっていきます。

つまり血流やリンパや間質液の問題を回復するには、まず動きの回復が大前提になるということなのです。

例えば、筋ポンプ作用や横隔膜や背骨やらが、どのような動きならどのような結果をもたらすか。

ここを見極めてアプローチすることで効果的に自然治癒力を引き出すことができるのです。


患者さんが自分で治っていく治療院なら和鍼灸治療院へ。

整体のみでもOKです。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町



熊谷市・深谷市・行田市 ダイエットは整体がおすすめ。常識の盲点と治療院の裏技

2018年03月31日 [記事URL]

ダイエットについて多くの方が取り組まれています。

みなさんはダイエットについてどのように考えているでしょうか?

体重を減らすために、食事をコントロールして運動をする。これは基本ですね。

しかし以前と同じように生活しているのに太ってしまうということがあります。

加齢や産後に太りやすくなったという経験を持つ方も多いと思います。

代謝が落ちる、と一言でいいますがこれには多くの意味があります。

冷えや自律神経の乱れも代謝に関係すると言われています。これらを変えていくのは治療院の得意分野です。

今回、代謝を良くすることに関して特にお伝えしたいひとつが、呼吸の浅さの改善です。

実は呼吸で横隔膜や背中がよく動くことによって内臓機能があがり、また血液循環もよくなります。

筋肉の動きがつき、さらに動きやすくなり血行がよくなるという好循環を生み出します。

逆に、呼吸のシステムが悪いと逆になります。

血液内にいくら栄養があっても流れていかなければ、代謝が良くなりようがないのです。

この呼吸システム全体をよりよく変えていくことは、治療院ですぐにできる素晴らしいものの一つだと思います。

ここに関し、世間の常識の盲点が関係しています。

背中の動きが悪くなるのはなぜでしょうか?

横隔膜の動きが悪くなるのはなぜでしょうか?

答えのひとつは誤った姿勢です。背筋を伸ばし胸を張る姿勢。これは背中の動きを止めてしまいます。

「常に背筋をピンと張ってください。背筋や腹筋を使うため基礎代謝があがります」というサイトを見かけましたが、絶対に鵜呑みにしてはいけません。

当院にくるような自律神経が乱れた方の多くに、このような「間違った良い姿勢の概念」があります。

この姿勢を続けると身体が壊れます。呼吸システムが障害され、呼吸は浅くなり、自律神経は緊張モード(交感神経緊張)になります。

すなわち血行が悪くなり冷えを生みます。

また緊張した姿勢での呼吸は、横隔膜においては動きが少なくなります。

横隔膜に付着した肝臓などの動きが悪くなり、機能が落ちます。

循環が悪くなり、リンパが停滞します。そこに冷えが入り込む原因の一つとなります。

循環が悪くなれば、冷えれば、代謝は落ちるのです。

多くのサイトで勧めている、「背筋を常に伸ばして生活してください」というのは絶対に真似しないでください。

非常に多くの方が、これで病気のスパイラルに入っていきます。これを薬を飲んで治そうとなると薬が際限なく増えていくモードに突入します。

問題は動き自体にあるので、薬を飲んでも症状が変わらず、症状と薬だけが増えていく...というパターンがあるのです。


ではどのように動きを取り戻していくのか?

当院では、胸腔・腹腔を潰すこと、肋骨の可動性をあげること、脱力すること、などをおすすめしています。


背筋を伸ばし胸を張る姿勢は、胸腔・腹腔を伸ばし、肋骨を固定化させます。力は入ったままです。

「自分は猫背かな?」と思って胸を張る人の失敗パターン。「胸をはって首が前に行く」と典型的な負のスパイラルに入ります。胸を張らないほうがよいです。

この悪循環パターンは、今までもかなり多くの方に警告してきました。

世間の治療院・接骨院・整体のなかにも、姿勢が良く分かっていない先生が多くて、身体を壊す方向に矯正や指導をする危険なところがあとを絶ちません。

それは前述したような間違えたインターネットのサイトの情報が拍車を変えている側面があります。


胸をはってお腹を前に突き出す姿勢に無自覚な方が多いです。

その姿勢はやがて、前重心を固定化し、お腹の冷え・肩こり・呼吸の浅さなどを生んでいくでしょう。肋骨の可動性は減少し、動きが失われていきます。

動きの中で血流やリンパが循環されるシステムが障害されます。

最近、人体で最大の器官が発見されたと話題になったものがあります。

Newsweek日本版 2018年3月29日
ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9844_1.php

引用:

「皮膚の下にあり、消化管や肺、泌尿器系に沿ったり、動脈や静脈、筋膜を囲んだりしている層は、従来、結合組織と考えられていたが、実は、体液を満たし、相互に連結し合う区画が、全身にネットワーク化されたものであることがわかった」とし、「これを間質という新たな器官として定義すべき」と世界で初めて提唱した。

体重のおよそ20%に相当する体液で満たされた間質は、強度の高いコラーゲンと柔軟性のあるエラスチンという2種類のタンパク質による網目構造で支えられており、臓器や筋肉、血管が日常的に機能するように組織を守る"衝撃緩衝材"のような役割を担っている。

また、注目すべき点として、体液の移動通路としての働きがある。この体液がリンパ系に流れ込むことで、いわば、免疫機能を支えるリンパの元となっているのだ。

(引用ここまで)

つまり皮膚の下に体液が流れるルートがあり、それが実は人体最大の器官だ、ということです。

さて、この組織に加わる力が無ければ体液はどうなるでしょうか?

この体液が循環するシステムは?

ここで何度も述べた呼吸という動きのシステムが関係してくることになるでしょう。

温度勾配も関係するでしょう。

呼吸が大きく適切に動くだけでも体液の循環がはかられることを示しています。これは「冷えにくくなる」ことに直結することになります。

背筋を伸ばし、胸をはる姿勢は動きがないために体液の循環は悪くなります。


「消化管や肺、泌尿器系に沿ったり、動脈や静脈、筋膜を囲んだりしている層は、従来、結合組織と考えられていたが、実は、体液を満たし、相互に連結し合う区画が、全身にネットワーク化されたもの」

ここを生かしていくような、呼吸のシステムを変えていくことが、治療院のダイエットにも生かされると思います。

当院は肋骨を動かし、胸腔・腹腔を潰し、ウエストが細くなる手技を得意としていますが、実は呼吸や循環のシステム自体にもアプローチしています。

この記事にあるような「体液の流れ」にも以前から注目していました。おなかのむくみをとるだけでも様々な症状が変わってしまうのは臨床上よく経験することです。

サプリメントなどとは発想が全く違う、ダイエットの盲点。肋骨の動き、あるでしょうか?

ウエストも細くなりながら、代謝を上げて健康になっていく方法としては最良だと考えています。

世間の常識の盲点を突く、ダイエットの裏技といえる効果的な方法です。

治療院ならではのダイエットなら和鍼灸治療院へ。

整体のみでもOKです。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町



熊谷市 重力と上手くつきあう姿勢とは何か

2018年03月10日 [記事URL]

当院では姿勢指導や姿勢矯正をよく行っています。

それは最初から「姿勢指導をしてほしい」という依頼ではなくて、

「この症状をとるためにはこういう姿勢に問題がある」

「もう少しパフォーマンスをあげるにはこのような姿勢を意識したほうがいい」

という流れから行うケースがほとんどです。

姿勢指導・姿勢矯正で当院が最も重要視しているのが「位置エネルギー」です。

「鉛直」(重力の方向)にバランスよく立つことで最も負担のかからない姿勢となります。


鉛直のバランスのイメージを理解するために、面白いアートがあるので紹介します。

ロックバランシングといいます。

Gravity Glue(重力接着) by Michael Grab

art-of-rock-balancing-by-michael-grab-gravity-glue-2.jpg

art-of-rock-balancing-by-michael-grab-gravity-glue-5.jpg

art-of-rock-balancing-by-michael-grab-gravity-glue-7.jpg

art-of-rock-balancing-by-michael-grab-gravity-glue-15.jpg

引用:The Art of Rock Balancing by Michael Grab
http://twistedsifter.com/2013/01/rock-balancing-art-by-michael-grab/

これは重力自体が接着剤のようになって石が積みあがっています。

実は人間も同様の原理が働いています。

「鉛直にバランスをとることができれば姿勢を保つのに力は要らない」

ということです。


人間は地球に立っています。

「筋肉を鍛えて姿勢をよくしましょう」

という主張は、重力を考えない限り、根本的に間違えています。

まず、重力の上に存在していることが大事。「筋肉の要素は二次的なもの」と考えてみてください。

鉛直方向からずれたときの補正のために姿勢保持の筋肉が無意識的に使われているのであって、その逆ではないと考えてみてください。

なるべくバランスを保ち骨・腱・靭帯を有効に使うことが大事。

姿勢保持のために筋肉は使われており、その使用は最小限が望ましいです。


バランスから外れ姿勢保持のために無駄に筋肉を使っていること。

これが多くの怪我や病気を生んでいる原因の盲点といえます。

現在、姿勢の常識は根本的に間違っています。

その「筋肉教」とでも呼ぶべき誤解が多くの症状を生んでいることもお伝えしなければなりません。

筋肉を鍛えてよい姿勢を作る、というのは地球の重力を軽視した危険な考え方だと当院は考えています。

「どこに向かって筋肉をどう使用するのか?」

これを考えないとバランスが崩れたままですし、もっとバランスが酷くなる場合も多々あるのです。

「動かない部分の補正」としてある筋肉が過剰に使われて負荷がかかって、ある筋肉が使われていないとするならば...、そのケースでは筋トレが答えになるはずがない。

「動かない部分が動くようにすること」「正しい動きの道筋を作ること」が先決といえます。

身体を良くするには順番があるのです。


運動をして身体を壊すというケースが絶えないのは、ひとつはこの点の無理解に大きな原因があります。


「なぜその筋肉の緊張が抜けないのか?」という疑問。

重力の問題を考慮しているでしょうか?「動かない部分」はどこでしょうか?緊張の抜けない局所のみを悪者にしていませんか?


多くの方が姿勢指導で症状が変わってしまうのを目にしてきました。

もし姿勢が原因で不調なのかな?と思いましたらお気軽にご相談ください。

地球の重力とうまく付き合う方法を一緒に考えていきましょう。

地球との付き合い方を考える姿勢指導・姿勢矯正なら和鍼灸治療院まで。

整体のみでもOKです。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町



熊谷市 検査で異常なし・原因不明の動悸...心配しなくても大丈夫なのが99%

2018年03月09日 [記事URL]

鍼灸院をやっていると、病院で色々検査をしても「異常なし」「原因不明」といわれる動悸をよく診ます。

自律神経失調症状の典型ともいえるものです。

なかには「心の問題かもしれない」と精神科を紹介されたりするケースも多々あるようです。

このようなケースでの依頼の場合、当院は精神の分野は専門が異なるので、とにかく身体を全体から捉えなおして整えるというアプローチをとります。

心の問題はご自身か別に解決して頂いて、当院としては身体を良くすることに集中します。

実は、そうするとほとんどのケースで動悸は治まってしまうことが多いのです。

私はこの場合、ストレスは「引き金」であると考えます。引き金を引いても弾丸が空っぽなら良い訳です。

実際「心の問題あつかい」された方に、本人としては「心当たりがないんだけどなあ」という人も多いものです。

良くないと思うのは、病気が起きたときに「その病気は心の問題だよ」と周りが断言することで追い詰められている方が多いということです。

私は逆に、大した問題じゃないという風に安心してもらうよう伝えることが多いです。

実際に...
「単に皮がひっかかっていた」
「単に小骨がちょっとずれていた」
「ちょっと腱がずれていた」
「ちょっと何々がむくんでいた」
「ちょっと何々の膜が引っ張っていた」
程度で動悸が変わってしまうことが多いものです。

実感としては「原因不明の動悸の99%は、大げさに考える必要がない」と思います。

病院の検査で出なかったら、あとはちょっとしたことで変わるんじゃないかなとまずは気軽に考えてほしいと思います。


大げさに捉えすぎて人生どん底モードのような気分になり、負のスパイラルに入っていくケースがあとを絶たないのでこのような話をお伝えしている次第です。

また不安のスパイラルに入ってさらに動悸が起きてしまうケースがあり、まずこの悪循環問題を冷静に認識して対処する必要があります。


確かに動悸というのは生命の危機を感じさせる症状かもしれません。

しかし安全な場所でも、無意識の緊張でも動悸はおこります。


その無意識の緊張を生んでいるものは何か?


ストレス、つまり心の問題は引き金であると先ほど書きました。

銃弾は何か。それは体の捻じれ・ズレ・詰まりなどです。

身体の捻じれ・ズレ・詰まりを変えていくことで、自律神経の症状は変わっていきますし、ストレスにも強くなります。

ストレスは身体の捻じれ・ズレ・詰まりに拍車をかけるものです。

早い段階で見つけることで様々な病気の予防ができます。


病院で動悸が「原因不明」といわれても焦らないでください。そのようなケースは多いです。

その場合、心の問題と思いこむ前に、自律神経症状であると考えて身体を整えていくことが重要だと考えます。

自律神経症状としての動悸は鍼灸の得意分野です。

もし不安な気持ちがよぎったら、お気軽に鍼灸院で相談してみてください。

身体の捻じれ・ズレ・詰まりを、マクロの視点で整えていくのはおすすめです。

検査というのはミクロの分析です。

ミクロの異常が見当たらない場合、マクロで考えることが大事です。

東洋医学はマクロで考えるものなので、細かい分析で異常が見当たらなくても対処できるのです。


通院していくと、身体を含めたマクロ的な視点で「心」「環境」なども捉えることができるようになってきます。

その段階で、思い当たる原因が、やっと自ずと導き出される場合があります。


病院で精神安定剤が良く出されますが、効かないためにどんどん薬が増えていく方も多いです。

薬漬け医療の状態でも全然良くならないケースは何が起きているのか?

身体の捻じれ・ズレ・詰まりが原因の多くを占めているからかも...と考えてみてはどうでしょうか。


周囲から自律神経症状を「心の問題だ」と言われてもいまいち納得できず、薬が沢山出されるのに良くならず行き詰っている方の参考になれば幸いです。

病院の検査にでない原因不明の動悸なら和鍼灸治療院まで。

整体のみでもOKです。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町




熊谷市 指が曲がらない...身体を全体から見直すことで解決

2018年03月08日 [記事URL]

時々みる、指が曲がらないという症状。

これが実は指に問題が無い場合があります。腰痛や肩こりはありますか?そこから連動する場合もあります。

患者様が長年悩んできたけれども、当院であっさり解決というケースは結構あります。

これはなぜ長年悩んできたかというと、指の問題として考えてそこばかり治療していたからです。

指にばかりフォーカスして治療しても変わらないからこそ、長年悩んできたわけです。

背中や腰や足など遠くの場所に問題があって指が曲がらない場合があります。


あっさり治るというのは盲点をきちんと突いたから起きるのだと思います。

指が曲がらなくて困っていても、身体を全体から見つめなおすことで解決する場合が多々ありますので、あきらめず一度ご相談ください。

指が曲がらないなら、和鍼灸治療院へ。

整体のみでもOKです。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町




熊谷市 肩こりの局所をマッサージしても繰り返すのはなぜでしょう?

2018年03月07日 [記事URL]

肩こりは国民病と言われ多くの方が悩んでいます。

多くの方の疑問として、肩こりの痛いところをマッサージしてもストレッチしても、以前より肩こりを繰り返すのはなぜだろう?というのがあります。

繰り返すだけならまだしも、もっと悪化している人も多いのが実情です。

肩こりの根本的な原因はなんだろう...?根本的な原因に対処することでずっと楽になることができます。


当院でも肩こりで多くの方が来られます。

自分で揉んだり、家族やプロの方に揉んでもらったり...その後「マッサージしても効かなくなったから鍼灸に来た」というケースが多いです。

なかには「これはウチでは無理だから鍼に行ったほうがいい」とマッサージ師さんから勧められて来られる方もいます。

何が起きているかというと「局所をもんでもコリ感が消失しなくなった」ということのようです。


繰り返す理由として主に二つあげてみたいと思います。


①もみすぎて局所(肩)の筋肉を傷めてしまい、柔軟性を失ってしまっている



これは強く揉みすぎて組織が壊れ「筋肉本来の伸び縮み・循環」を失っている状態。

中年女性によくあるのですがマッサージや揉み系の整体で一時しのぎの対処を繰り返した結果、どんどんと肩が固くなりマッサージが効かなくなってしまうパターンです。

また強く押すと身体は防御反応を示し緊張します。これは反射で起きています。

このような刺激で一時的な快感を得ていると際限なく強い揉みを求めていくことになります。

しかし筋肉は壊れ循環は逆に悪化しているので、疲労物質は溜まりコリ感は酷くなるエンドレスです。

マッサージは上手な先生にかかるようにしたほうがいい理由は、このような繊細な問題を孕んでいるからなのです。

揉む以外の有効な対処法をしないとコリは固くなっていきます。


②肩を凝らせている、遠部の筋緊張に対して適切な処置をしていない



これは少し難しい話かもしれません。

「肩が凝っているから肩をもむ」という局所の対処にとらわれて、肩こりの真の原因となっている他の部位の問題を治していないため延々と繰り返してしまうパターン。

肩を凝らせている原因は、腕の場合もあれば骨盤の場合もあれば顎の場合もあれば足の場合もあります。

ほとんどの場合、「姿勢」と「身体の使い方の癖」が絡んでいます。

心の問題が絡むことも多いですが、肩こりの辛さを変えることで気分も変わって好循環になるケースが多々あります。


原因を変えないと揉んでも繰り返してしまう。

「水が漏れているので一生懸命に漏れた水をかきだしているが、水漏れの場所を探していない」ということに似ています。

肩こりの原因は意外とひとりひとり違うものです。

意外と内臓由来や隠れた病気の由来のケースもあり侮れませんが、ここでは一般的なケース「姿勢」と「身体の使い方の癖」の指摘にとどめておきます。


しかも「良かれと思ってやっていた姿勢や動き方が悪化させている場合」も非常に多くあります。

肩こり以外でも、当院は患者様がやっていたストレッチやヨガをやめてもらってズバッと症状が改善したケースを多々経験しています。

意外と自分に合っていない自己対処をしている方が多いのだな...と日々感じています。


ここではあえて代表的な繰り返す理由2つをあげてみました。

もし揉んでもよくならない肩こりがありましたら、

「強く揉みすぎて肩の筋肉が変わってしまっていないか」

「肩を凝らせる筋肉を引っ張っている別の場所の緊張はなにか」

を考えてみてください。


もし、自分でわからない場合はお気軽にご相談ください。

当院は肩こりは得意です。さらに肩こりが酷くなって出てきた自律神経失調症も非常に得意です。

自律神経症状を多く診ていると多くのケースに肩こりがあることに気が付きます。

肩こりによって首肩の血流リンパの循環や神経伝達に障害が起きて、様々な症状に波及していくケースを多々診ています。

典型的な例として「高血圧」をあげたいと思います。

これは動脈硬化のみではなく、自律神経も大きくかかわってきます。

高血圧の多くの方に「昔から肩こりがあった」という言葉を聞きます。

「首・肩~背中のコリ→緊張が抜けない→交感神経緊張→高血圧」という典型パターンがあります。

高血圧から波及する病気は致命的なものも多々あることはご存知と思います。

(脳梗塞・脳卒中・心筋梗塞など、日本の死亡原因の上位に常にあります。)


つまり肩こりの治療は大きな病気の予防になるのです。

当院はマッサージや接骨院や病院と違う「身体全体まるごと捉える」視点で肩こりを見ることができると思います。

整体や鍼灸などの使い分けもその人に合わせて相談しながら行っています。

なぜなら肩こりの原因はひとりひとり違うからです。


熊谷市・深谷市・行田市で、一生懸命揉んでも効かない肩こりにお困りの場合は和鍼灸治療院へ。

埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町



駐車場変更のお知らせ

2018年02月28日 [記事URL]

駐車場が3/1~より治療院入口わきになります。

今までの駐車場は無くなってしまい、住宅になるらしいです(不確実情報) (^_^;)

そこで入り口わきのスペースを使うことにしましたが、今までより少し小さく、また学生さんの通りも多いので、

とりあえず、あせらずゆ~っくり落ち着いて入れてくださいね (*^^*)

駐車場訂正2018-02-27 (1).png



埼玉県熊谷市 鍼灸も整体も姿勢分析も試行錯誤してパワーアップ中

2018年02月11日 [記事URL]

今日は休みで、2年以上前のカルテを整理していました。時々眺めてみると、本当に懐かしくなります。

「あ、この頃はこのような見方をしてたんだっけ」など改めて考えさせられます。

当院は結構カルテを細かく記入するほうだと思います。訳が分からなくてもとにかく情報をあつめて対処しよう、という昔からの習慣です。

場所によっては「ウチは~という治療法でやっています。奇跡の治療法で、これがベストです」のような立場でやっているところもあるでしょう。

私は「万人に合う治療法はない」と考える立場です。ひとりひとりにあったもの、それをどう見極めるかが大事だと考えています。

またしいて言えば、「自然治癒力(本人が持っているもの)は症状を問わず効果的である」ということで、「自然治癒力を高めるなら、あの手この手でやってもいいんじゃないの?」というユルい感じで「比較的何でもありなノリ」でやっているのが当院です。

現状、クールなシステマ化とは程遠く、日々ジタバタ泥臭く試行錯誤を繰り返してしている治療院とも言えます。

しかし当院に長く通っている患者様はよくわかってくださっていますが、試行錯誤するからこそ興味深い発見があるのです。

当院の患者様は比較的他で「よくわからない」といわれてきた方も沢山来ているので、ありきたりな診方では通用しません(汗)。だから新しいことに挑戦しなければいけないのです。

苦闘する中での発見は、治療法の発見でもあり、患者様自身の過去を見つめなおす発見でもある...このような感じで施術者側・患者側の相互で共有する形でやっています。

最近来ている方では、割とふくらはぎ(謎の痛さ多数でしたね)や坐骨周辺から首肩などを治そうとジタバタしているのを経験された方も多いと思います。

新しいことは、一見無駄な突飛なことのようでも、それがズバッと効くと「今までの努力はなんだったんだろう...(笑)」というような鮮やかな効果になることも多く、そのホームラン性の当たりを求めて新しいことにトライするのです。

2年前のカルテを眺めていると、これ今なら思いっきりわかる!!今だったらこうすれば治るのに!!という悔しい思いをすることがいっぱいありました。

また訳が分からないけど効果が出たような例も今では綺麗に説明できるものもあります。

私の勉強は上手くいかなかった日々の悔しさから来ているので、願わくばまだ同じ症状で悩んで来られなくなった方にはリベンジできればしたいものです。

そうはいっても一期一会で一回一回が勝負なので、なかなかリベンジの機会は望んでできるものではありません。

それなので日々病と向かい合いつつ私を信じて通ってきてくださる患者様には、心から感謝をしていて、一刻も早く元気になれるよう私も研究を重ねなければと思うのです。

通えば通うほど、自分の身体の見方が深まっていくような治療院を目指しています。

ですので、私は治療院をしていますが、半分塾のような感覚でもあります。

「患者様の身体」を「テキスト」として読み解いていく考察の場、と捉える。

病気から回復していく過程で自分への身体の学びが深まっていくということです。

自分の身体を知っていただくことが、治癒にも直結し、今後の人生にも生かされればなお良いなと思います。

繰り返しになりますが、「万人にあう治療法はない」「自然治癒力は症状を問わず効果的である」と私は考えています。

患者様が自然治癒力を認識し、身体に対する見方を変えるとき、私は毎回感動します。「手技療法家が治しているのではなく、患者様に自然治癒力があり治る力がある。私はその自然治癒力が発動する手助けをするのみ」という自覚が私にはあります。

難しい病気からでも鮮やかに回復される方は、自分の力で治っているんですね(事実)。患者様の自然治癒力に対する自覚が芽生えるのを間近で見ることは、本当に治療家冥利に尽きます。それが大きな第一歩だと知っているからです。

しかしそれでもなお、自然治癒力を引き出す職人的な技術というのは厳然として存在し、私もなんとか患者様の治癒力を引き出せるよう今後も勉強していく所存です。

いつも通ってくださる患者様が、自分自身の身体を知って、楽になって、さらに楽しんで頂けたら本当に嬉しいです。そのためにも、これでよいというのは無いというスタンスであと数十年はジタバタ(=試行錯誤)するスタイルでいくかもしれません。それが成長に一番早いと感じているのです。

またその学びを患者様にどんどん還元することで、社会的な存在意義がはじめて生まれるのではないかと考えています。

今日は休みで、実家で自分の弟の首肩を診ました。あえてジタバタ。腕や腰や下半身からはイマイチ変化しなかったけど目周辺を変化させたら一気に首が緩み、それだけでなく肩の可動域も変わるという発見があり、「これは価値があったわ~」といってくれました。さあ、これをどう他の患者様に活かすか...ホント、日々発見だらけで面白い仕事です。

試行錯誤を繰り返し、日々少しづつ進化し続けています。成長を楽しみにしてくださる方も多く、また「もっと身体を変えていきたい...」と治療法の進化を待っている方も多く励みになっています。


昔来られた患者様も今来たら絶対違う診方で治療できると思いますので、お気軽にご連絡ください。

身体を楽しむ鍼灸・整体なら、埼玉県熊谷市の和鍼灸治療院へ。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町



埼玉県 「よくわからない病気」と取り組む際の原理原則

2018年01月26日 [記事URL]

昨日来られた患者様。時々当院のブログを読まれていたが、なかなか問い合わせをしてみる勇気が出なかったの事。

ふと思い立って電話してみたそうで、初診となりました。

身体のこわばりや自律神経失調症状や不安など、当院には割と多い症状なので安心してもらうよう伝えました。


今回の記事は、その患者様との対話の中で多くの方が外してしまいがちと再認識したポイントについて少し書いてみました。

長い間病気で苦しんでいるにもかかわらず、自分で治す際の原理原則を外している方が多いのではと感じています。


その原理原則とは、

「人には自然治癒力がある」「治りをよくする考え方・治りを悪くする考え方がある」

ということです。

これを腑に落としているかどうかで、治り方が変わってしまう場合が多いと実感しています。

自然治癒力は症状を問わないものであり、この深い納得・理解が治癒へのカギになることが多いのです。

薬や健康食品に頼る前の原理原則。

それは

「人には自然治癒力がある」という大前提であり、

「治りをよくする考え方・治りを悪くする考え方がある」という、思考で一瞬一瞬に切り替わる体の変化がある事実の直視です。

本当に一瞬一瞬で身体は変化・反応しています。

意外ともうみんな薄々わかってることが大事だったりするのです。

これを「腑に落とす」ことが重要ポイントです。

当院に来られた患者様は「潜在意識」など様々なことを知識としては知っていたそうです。

ただ今回、思考と連動する体の変化を実際に体感して、

「今まで知識として知っていたことが、今日ここに来て全部つながった感じがする」
「腑に落ちた」
「当たり前と言えば当たり前のことなんですね(笑)」

と言ってくれました。そうなのです、当たり前のことが実は忘れられがちな現代社会なのです。


この原理原則が腑に落ちると意識が変わります。生活も変わります。お金もかからないことです。

このようなことでも、ややこしい病気を乗り越えていくステップとして大きな第一歩なのです。


病気を見つめることが自分を見つめ直すことにつながるならば治癒の過程は決して無駄ではなかった、と後で思う人も多いです。

病気があったからこういう風に自分を捉えなおせたんだな、と思った時に、すでに大きな一歩を踏み出しています。


単純な話ですが、腑に落とすというところが一寸難しいかもしれません。

そこがポイントです。

症状に苦しみながらも取り掛かる手掛かりがない場合、ご参考になれば幸いです。

自分を見つめなおす鍼灸・整体なら、埼玉県熊谷市の和鍼灸治療院へ。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町





 1  2  3  4  5  6  7  8  9 


お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 048-522-5200 メールでの問い合わせ


※ 夜21:00以降の施術につきましては追加3000円いただきます。

PageTop



熊谷市 鍼灸「和鍼灸治療院」
  • 住所:〒360-0812
    埼玉県熊谷市大原3-4-6
  • 048-522-5200