世界保健機関(WHO)が世界政策として鍼治療などの代替医療を広く活用する方針 - 熊谷市「和鍼灸治療院」

HOME > スタッフブログ > 世界保健機関(WHO)が世界政策として鍼治療などの代替医療を広く活用する方針

世界保健機関(WHO)が世界政策として鍼治療などの代替医療を広く活用する方針

2014年11月28日

鍼灸の専門誌である「医道の日本 2014年11月号」の「世界メディアが伝える『鍼灸』最新動向」の記事を引用します。

(引用)

WHOが鍼治療など伝統医療を世界医療と位置づける 【英国 The Gurdian】

英国を代表する新聞ガーディアン紙は2014年9月17日付の記事で、世界保健機関(WHO)が世界政策として鍼治療などの代替医療を広く活用する方針であることを取り上げました。

記事では、インドで多くの人々が鍼治療やアーユルヴェーダなどの伝統医療によって体調管理している例を挙げながら、WHOがこのほど策定した伝統医学に関する世界戦略の内容を紹介しています。記事によると、WHOの世界政策では、鍼治療などの伝統医学は安価で発展途上国において最もなじみのある医療として活用されていること、鍼治療などは科学的エビデンスが示されつつあるため、これらを現代医学との統合医療として確立させていく方針だということです。記事では、特に、鍼治療などの伝統医学は非感染性疾病(NCDs)に効果が認められており、伝統医学へのアクセスを向上させることで低所得国・中所得国の死因の約80%(毎年3600万人)を占めるNCDsの改善に期待できると伝えられています。

記事は最後に、このWHOの世界戦略が進めば伝統医学は世界医療の一翼を担う重要な医療になるであろうと結んでいる。


(以上)

安価さもさることながら、効果の大きさが注目されています。


<埼玉県>
熊谷市・深谷市・行田市・東松山市・小川町・寄居町・滑川町・嵐山町・吉見町
羽生市・加須市・本庄市・美里町
<群馬県>
太田市・伊勢崎市・大泉町・邑楽町・千代田町・館林市・明和町

鍼灸・整体なら「和鍼灸治療院」をご利用ください。
熊谷市・深谷市・行田市は出張費無料。
治療院(熊谷市大原3-4-6)での施術も可能。
予約制です。



お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 048-522-5200 メールでの問い合わせ


※ 夜21:00以降の施術につきましては追加3000円いただきます。


PageTop



熊谷市 鍼灸「和鍼灸治療院」
  • 住所:〒360-0812
    埼玉県熊谷市大原3-4-6
  • 048-522-5200