熊谷市・深谷市・行田市 ダイエットは整体がおすすめ。常識の盲点と治療院の裏技 - 熊谷市「和鍼灸治療院」

HOME > スタッフブログ > 熊谷市・深谷市・行田市 ダイエットは整体がおすすめ。常識の盲点と治療院の裏技

熊谷市・深谷市・行田市 ダイエットは整体がおすすめ。常識の盲点と治療院の裏技

2018年03月31日

ダイエットについて多くの方が取り組まれています。

みなさんはダイエットについてどのように考えているでしょうか?

体重を減らすために、食事をコントロールして運動をする。これは基本ですね。

しかし以前と同じように生活しているのに太ってしまうということがあります。

加齢や産後に太りやすくなったという経験を持つ方も多いと思います。

代謝が落ちる、と一言でいいますがこれには多くの意味があります。

冷えや自律神経の乱れも代謝に関係すると言われています。これらを変えていくのは治療院の得意分野です。

今回、代謝を良くすることに関して特にお伝えしたいひとつが、呼吸の浅さの改善です。

実は呼吸で横隔膜や背中がよく動くことによって内臓機能があがり、また血液循環もよくなります。

筋肉の動きがつき、さらに動きやすくなり血行がよくなるという好循環を生み出します。

逆に、呼吸のシステムが悪いと逆になります。

血液内にいくら栄養があっても流れていかなければ、代謝が良くなりようがないのです。

この呼吸システム全体をよりよく変えていくことは、治療院ですぐにできる素晴らしいものの一つだと思います。

ここに関し、世間の常識の盲点が関係しています。

背中の動きが悪くなるのはなぜでしょうか?

横隔膜の動きが悪くなるのはなぜでしょうか?

答えのひとつは誤った姿勢です。背筋を伸ばし胸を張る姿勢。これは背中の動きを止めてしまいます。

「常に背筋をピンと張ってください。背筋や腹筋を使うため基礎代謝があがります」というサイトを見かけましたが、絶対に鵜呑みにしてはいけません。

当院にくるような自律神経が乱れた方の多くに、このような「間違った良い姿勢の概念」があります。

この姿勢を続けると身体が壊れます。呼吸システムが障害され、呼吸は浅くなり、自律神経は緊張モード(交感神経緊張)になります。

すなわち血行が悪くなり冷えを生みます。

また緊張した姿勢での呼吸は、横隔膜においては動きが少なくなります。

横隔膜に付着した肝臓などの動きが悪くなり、機能が落ちます。

循環が悪くなり、リンパが停滞します。そこに冷えが入り込む原因の一つとなります。

循環が悪くなれば、冷えれば、代謝は落ちるのです。

多くのサイトで勧めている、「背筋を常に伸ばして生活してください」というのは絶対に真似しないでください。

非常に多くの方が、これで病気のスパイラルに入っていきます。これを薬を飲んで治そうとなると薬が際限なく増えていくモードに突入します。

問題は動き自体にあるので、薬を飲んでも症状が変わらず、症状と薬だけが増えていく...というパターンがあるのです。


ではどのように動きを取り戻していくのか?

当院では、胸腔・腹腔を潰すこと、肋骨の可動性をあげること、脱力すること、などをおすすめしています。


背筋を伸ばし胸を張る姿勢は、胸腔・腹腔を伸ばし、肋骨を固定化させます。力は入ったままです。

「自分は猫背かな?」と思って胸を張る人の失敗パターン。「胸をはって首が前に行く」と典型的な負のスパイラルに入ります。胸を張らないほうがよいです。

この悪循環パターンは、今までもかなり多くの方に警告してきました。

世間の治療院・接骨院・整体のなかにも、姿勢が良く分かっていない先生が多くて、身体を壊す方向に矯正や指導をする危険なところがあとを絶ちません。

それは前述したような間違えたインターネットのサイトの情報が拍車を変えている側面があります。


胸をはってお腹を前に突き出す姿勢に無自覚な方が多いです。

その姿勢はやがて、前重心を固定化し、お腹の冷え・肩こり・呼吸の浅さなどを生んでいくでしょう。肋骨の可動性は減少し、動きが失われていきます。

動きの中で血流やリンパが循環されるシステムが障害されます。

最近、人体で最大の器官が発見されたと話題になったものがあります。

Newsweek日本版 2018年3月29日
ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9844_1.php

引用:

「皮膚の下にあり、消化管や肺、泌尿器系に沿ったり、動脈や静脈、筋膜を囲んだりしている層は、従来、結合組織と考えられていたが、実は、体液を満たし、相互に連結し合う区画が、全身にネットワーク化されたものであることがわかった」とし、「これを間質という新たな器官として定義すべき」と世界で初めて提唱した。

体重のおよそ20%に相当する体液で満たされた間質は、強度の高いコラーゲンと柔軟性のあるエラスチンという2種類のタンパク質による網目構造で支えられており、臓器や筋肉、血管が日常的に機能するように組織を守る"衝撃緩衝材"のような役割を担っている。

また、注目すべき点として、体液の移動通路としての働きがある。この体液がリンパ系に流れ込むことで、いわば、免疫機能を支えるリンパの元となっているのだ。

(引用ここまで)

つまり皮膚の下に体液が流れるルートがあり、それが実は人体最大の器官だ、ということです。

さて、この組織に加わる力が無ければ体液はどうなるでしょうか?

この体液が循環するシステムは?

ここで何度も述べた呼吸という動きのシステムが関係してくることになるでしょう。

温度勾配も関係するでしょう。

呼吸が大きく適切に動くだけでも体液の循環がはかられることを示しています。これは「冷えにくくなる」ことに直結することになります。

背筋を伸ばし、胸をはる姿勢は動きがないために体液の循環は悪くなります。


「消化管や肺、泌尿器系に沿ったり、動脈や静脈、筋膜を囲んだりしている層は、従来、結合組織と考えられていたが、実は、体液を満たし、相互に連結し合う区画が、全身にネットワーク化されたもの」

ここを生かしていくような、呼吸のシステムを変えていくことが、治療院のダイエットにも生かされると思います。

当院は肋骨を動かし、胸腔・腹腔を潰し、ウエストが細くなる手技を得意としていますが、実は呼吸や循環のシステム自体にもアプローチしています。

この記事にあるような「体液の流れ」にも以前から注目していました。おなかのむくみをとるだけでも様々な症状が変わってしまうのは臨床上よく経験することです。

サプリメントなどとは発想が全く違う、ダイエットの盲点。肋骨の動き、あるでしょうか?

ウエストも細くなりながら、代謝を上げて健康になっていく方法としては最良だと考えています。

世間の常識の盲点を突く、ダイエットの裏技といえる効果的な方法です。

治療院ならではのダイエットなら和鍼灸治療院へ。

整体のみでもOKです。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町



お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 048-522-5200 メールでの問い合わせ


※ 夜21:00以降の施術につきましては追加3000円いただきます。


PageTop



熊谷市 鍼灸「和鍼灸治療院」
  • 住所:〒360-0812
    埼玉県熊谷市大原3-4-6
  • 048-522-5200