熊谷市 不定愁訴(腹痛・冷え性など)「私の身体にブレイクスルーが起きました」 - 熊谷市「和鍼灸治療院」

HOME > 患者様の声 > 熊谷市 不定愁訴(腹痛・冷え性など)「私の身体にブレイクスルーが起きました」

熊谷市 不定愁訴(腹痛・冷え性など)「私の身体にブレイクスルーが起きました」

2017年04月21日

高坂様 IMG_20170630_002824.jpg

「昔からお腹が弱い、体調を崩しやすい、冷え性の私は、周りの人から見て体調が悪く見えない為、やる気がない・態度が悪いと思われていました。自分では常に体調が万全ではないという自覚があるので、自己流のお灸をしたり、漢方相談を受けて漢方薬を飲み続けていました。しかし、体調は一向に良くならず、『漢方を飲んでいるから今の状態で済んでいるのだ』と言われ、半ばあきらめていました。ふとしたことから先生のHPにたどり着き、初日に鍼を打っていただいたのですが、生まれて初めて手足に気血が巡るということを体感しました。指の先まで自分の生命力が行き渡っているという実感、今までどのような治療でも得られなかった効果を感じられました。幼い頃から停滞し続けていた私の身体にブレイクスルーが起きました。今は月一回通い、自宅でもお灸でケアしながら健康を保てるようアドバイスいただいています。最初は私程度の不調でお願いしても良いのか迷いましたが、これからもっと気持ちよく生きていけるという喜びを得ることができました。ありがとうございます。」


当院より:この患者様は、全体的な身体の不調(不定愁訴)に悩まれていました。

1月に冷え性が辛い、胃腸が弱い、と来院。鍼灸ははじめてとのことでした。

さらにお話を聞くと仕事のストレスもひどく、胃痛や生理痛や慢性の下痢など様々な症状があるそう。

1診目(1/7)の治療を行った時、訴えられている症状のほかにも、あらためてご自身の身体のこわばりを感じられたようで、「今までこんなに肩が上がらなかった」「肩が回る」「息が吸える」という感想をいただきました。

自宅でのセルフケアとして、三陰交という有名ツボのプロの取り方を教えました。1日3回くらいお灸(せんねん灸)をするといいですよ、とアドバイス。

(三陰交は女性の強い味方。三陰交の場所や使い方を女性が知るのは一生ものの財産と考えています。)

3週間後、2診目(1/28)に来られた際に、まず「身体が軽くなって嬉しい」とのこと。背中と肩のコリが無くなって軽くなったそうです。お通じも1日1回ちゃんとしたものに整ってきたとのこと。

またお灸を頑張っているそうで(素晴らしいです)、その甲斐もあり冷え性も緩和、生理痛もマシ、生理時の頭痛が無くなった、と嬉しいご報告をいただきました。

1診目と2診目の間が今回のように若干空いても、自分の身体にあったセルフケアがあれば様々な症状が変わっていくことを示していると思います。

これまでは漢方薬や自己流のお灸などで対処してきたそうですが、今回本格的な鍼灸治療とセルフケアで速やかな改善がみられたので、他と手ごたえが違う効果を実感されていました。

1か月後3診目(2/25)。お通じも1日2回になり、形も大丈夫とのこと。しかし精神的に疲れるとお腹が痛くなるそう。足の冷えが改善したので、今度は背中の冷えが気になってきた、と。また肌がカサカサになるとのこと。

当院としてはひたすら、「消化器系の底力を上げること」「つまりを取り気血を巡らすこと」に徹底しています。消化器系を強くして気血を生み出し、それを体内各部に流すわけです。背中の冷えなら背中に気血が通ればOK、肌がカサカサなら肌に気血が巡ればOKという発想です。

患者様はひたすら気血を「通す」「巡らせる」という東洋医学の鍼灸治療を、治療体験を通し理解して下さっているようです。

今回感想でいただいた

初日に鍼を打っていただいたのですが、生まれて初めて手足に気血が巡るということを体感しました。指の先まで自分の生命力が行き渡っているという実感、今までどのような治療でも得られなかった効果を感じられました。

これは鍼灸治療が目指している、「通す」「巡らせる」という方向性を患者様が体感し表現して下さったので、鍼灸師として本当に良かったと思いました。


「身体の停滞を打ち破ることこそ、鍼灸技術の価値ある部分」と私も改めて考えさせられた次第です。


身体全体の「経絡」(ルート、道、ラインのようなもの)に気血が巡れば身体は治っていく、というのが東洋医学の鍼灸治療の基本コンセプトです。


この考え方を知った患者様は自分の身体の捉え方が変わります。自分の身体のどこに何が巡っていないか」を考えられるようになると、自分で健康を保つ能力が高くなります。

鍼灸は「通す」「巡らせる」道具です。


4診目(3/25)に来られた際に、3診目よりもさらにラクとのこと。お昼ご飯を食べるとお腹が痛くなるのが無くなったそう。さらに冷えや生理痛や目の下のクマを対処したいそうです。これも東洋医学的には、そこに気血を巡らせればOKという発想になります。また体操を行い肩の動きをまめにケアしているということでした。

「自分で自分の身体を知り、見つめなおす。さらに自分で身体を整えていく術を身に着ける」

これは治療以外に当院が目指しているテーマでもあり、患者様の実践に心から敬意を持っています。

自分の身体をよく見つめ自分で整えるならば、月一回程度でも身体は変わっていくことを示しています。

今回は鍼灸治療とセルフケアが功を奏した、「周りの人から見て体調が悪く見えない」ような不定愁訴群に対する改善事例になります。

もし、周りから見てわからないようなものでも(病院でも異常が認められないような場合も多々あります)、症状が辛い場合はお気軽にご相談ください。

「新たな自分自身の身体の捉え方ができたならば、今後の長い人生の財産になる」

「病気になることは自分を見つめなおす好機ととらえれば、無駄な時間ではない」

このような考えに基づき、身体に対する新たな視点を日々お伝えしています。

不定愁訴の鍼灸・整体なら、埼玉県熊谷市の和鍼灸治療院へ。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町


※ 患者様の声はあくまでも体験談であり、効果には個人差があります。



お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 048-522-5200 メールでの問い合わせ


※ 夜21:00以降の施術につきましては追加3000円いただきます。


PageTop



熊谷市 鍼灸「和鍼灸治療院」
  • 住所:〒360-0812
    埼玉県熊谷市大原3-4-6
  • 048-522-5200