運動 - 熊谷市「和鍼灸治療院」

HOME > 運動

熊谷市・深谷市・行田市 なぜヨガ・ストレッチ・運動で身体が壊れることがあるのか

2018年04月15日 [記事URL]

多くの方がヨガやストレッチや運動を良いものだと考えています。

しかしまた多くの方がヨガやストレッチや運動で身体が壊れているのも事実です。

人にはそれぞれ合った運動指導があるのです。

身体の不調のある人がヨガやストレッチや運動をすることで治りにくくなっている場合があります。

指導者が重要な所以です。

このような場合、治療院でそれらをストップさせると治る方向に向かいます。このようなケースは実は多いです。


なぜこのようなことが起こるのでしょうか?今回、原因を三つあげてみます。

一つは身体へのイメージの問題です。

このようなことができると~に良い、というイメージがすでに間違えている。もしくはその人に合っていない。

当院の患者様でも開脚を一生懸命にやった結果、足や手のしびれが出てしまった方がいます。

どこの病院にいっても原因不明で、しかもそれを開脚が悪いということもわからなかったので、治療院でも涙をながすほど悩みに悩んでいましたが問診をしていてたどり着きました。

開脚が流行っていましたが、その方も昔体操をしていたころを思い出して無理をして柔軟体操をした挙句、身体を壊してしまったわけです。

開脚ができても、別に健康とは関係ありません。どちらかというと達成感や見栄の要素が強いものです。

もちろん開脚を煽っている側はそんな問題まで面倒をみてくれません。個々人の責任において、ということです。

同様の事は、ヨガやストレッチや運動全般に言えることです。

自分に適さない身体イメージを身体に強要すると不具合がおこる、ということです。

当院ではストレッチをやめさせて症状がよくなるケースをたくさん見てきました。

「ストレッチは安全で無条件に身体によい」というのは大きな誤解の一つです。

伸ばしてはいけない部分を一生懸命伸ばしているケースが多いのです。まさに身体イメージの問題といえます。


二つ目は、動くところだけしか動かしていない、ということです。

前述した開脚の話で言えば、ある部分が動いていないために負荷が集中して、大変な状態になっていったわけです。

そしてその動かない部分というのは案外自分ではわかりません。

ヨガやストレッチや運動が良い、と思って実行しても、結局自分の動きやすいところだけを動かしているために負荷が集中する、もしくは歪みが拡大する、ということが起きてきます。

同じ運動をしてもどんどん元気になる人とそうでない人がいるのはどういうことなのでしょうか?

その人のもって生まれたものや、食べ物の違いもあるでしょう。しかし重要なのは全身の連動が上手くつかえているかどうか?なのだと思います。

例えば同じ運動をしても、股関節や肩関節からしか動きがない人と、脊柱から動きがある人では、動きが全く違います。

脊柱、体幹からながれるような動きがある人は、同じ動きをしても負荷のかかり方が全く違います。

さらに運動の効果も違います。動く筋肉や骨が違うため、血流・リンパなどの流れも違ってきます。

こうして「同じ運動」(と一見そう思われるもの)でも成果に大きな違いが生じてくるのです。

子供を観察すると身体全体から動きがあります。年をとるにつれ動きの連動が失われていきます。

遊び中の子供の動き 参考動画

子供は全身でバランスをとっています。手を前に出すだけでも身体全体をつかっています。胸郭が柔軟だからこそ、背骨の動きがあるのがみえます。

話を戻しますと、失われた動きを考慮せず今動かせるところだけを動かしても、局所に負荷が集中しそれが体の不調を生む場合があるのです。

身体を良くする手順としては、「失われた動きの分析と回復」のほうが先になるということです。

三つ目に、加減がわからないといことです。

つい、多くの人が真面目に同じ動きをやりすぎてしまいます。

自分のイメージのままに、ある動きだけを、一生懸命にやりすぎてしまう。

そこでまた身体の不具合が出たときに、「あれ、おかしいな?」と感じられるかどうかです。

例えば、痛み。

筋トレしたあと筋肉痛になるのは、そこに「超回復」という目的があるなら良いでしょう。筋肉が増える過程として意味があります。

しかし、ジワーッと筋膜が伸ばされてストレッチしたあとの痛み...これには何か意味があるでしょうか?

実は筋膜が伸ばされるだけで、何も意味を成しません。

筋膜が伸ばされて何か意味があるでしょうか?

筋肉は収縮するときに力を発揮します。筋膜が伸ばされると収縮の妨げになります。

ですので試合前の静的ストレッチ(ジワーッと時間をかけて引き延ばすストレッチ)は筋力低下を引き起こすため避けます。

靭帯も伸ばされ、体幹との連動も失われます。

私がみたところ、ヨガやストレッチをして身体を壊すのは筋力不足の人に多いように思います。

筋力は弾性で伸ばしても縮みます。筋力があり定期的に運動している人はちゃんと収縮することが行われています。

体調不調の人が、ヨガやストレッチをして身体を壊すのは、スタティック(静的)な動きが強調され体が伸び切っていて連動が失われているという問題があるようです。

この不具合に、当事者は気がつくでしょうか?おそらく99%気が付かないでしょう。

自分の不調に、自分ではなかなか気が付かないものなのです。

また、頑張りすぎて局所の負荷を多くかけてしまうケースも多々あります。

この場合、頑張れば頑張るほど身体が壊れます。適切な動きを見極め、適切な量の運動をすることが大事なので、実は結構難しいです。

当院では運動の指導をするときに、

よく「どれくらいやるのですか?回数は?」という質問に対し、「テキトーに、ヒマ見てやってください♪」みたいな言い方をすることが多いです。

実は「自分でどれだけやったらOKなのかという基準を自分で体感することの方が先」なので、このような言い方になってしまいます。

自分自身の身体と対話して、自分自身で加減して修正できるようになると一番強いわけです。

ストレッチとかを自分でやってる場合は、こちらも一生懸命「静的ストレッチはやらないほうマシですね。動きがつけばOKなんで、テキトーにやってください♪」と言います。

一生懸命にやって身体が壊れている人が多いからです。


なお、ホットヨガは当院ではあまりおすすめしません。理由を説明いたします。

ホットヨガが合う人は実は少ないです。血流に問題がある人、虚弱な人、更年期などの人は悪化する可能性に要注意。

「汗をかいてスッキリする人」「暑いところがOKな人」...これは合う人。

これを東洋医学的に解説しますと、しっかり体力があり気が詰まってイライラしてる「気滞」の人に向いていると言えます。

気滞の人は運動して汗をかいて発散させることで、詰まっていた気が巡りだすので調子がよくなるのです。

しかし血が不足しがちな血虚の人は暑いところで汗をかいて悪化。

気が不足しがちな気虚の人も疲れて悪化。

血が滞ってる人も、気虚や血虚が伴っていることが多く、わざわざ暑いところで汗をかくメリットはない。

中年以降は陰虚が多くなるので、中年の方も暑いところで汗をかくと悪化の可能性が高い。
(中年期の更年期障害や自律神経失調症に陰虚が関わることが多い)

水のさばきが悪い痰湿の人も女性の場合とくに気虚や血虚を伴うことが多い(脾虚湿盛)のですすめにくい。

このように見ていくと、特に治療院に関心を持つ女性では合う人の方が少ないように思います。

ホットヨガが合う人は、ある程度がっちりしてて、ストレスが溜まってイライラしてて動くとスカッとする人。

あとはやめたほうが無難。インストラクターもきついから常温より続かないらしいですね。

治療院に来るような人にホットヨガは「まあ、やめておいたほうがいいと思いますよ」と伝えますが、自分で身体を動かして良くなりたいという気持ちは本当に尊いのでその火は消したくないと思っています。

自分で治す気持ちは最高に素晴らしいのです。

ただ「自分に合う・合わない」を見極めていくことが重要になります。

不調の人に、何か運動してますか?と聞いて、それをやめさせると症状の回復が早まるケースを多々見てきました。

迷ったときは、少しやめてみて自分の身体が調子がどうなるかで確認してみると良いでしょう。

自分の身体で判断できることが実は最重要のスキルなのです。


もしお困りの時は当院にてお気軽にご相談ください。

身体を傷めないセルフケアやヨガなどのお話をしています。

ご参考になれば幸いです。

自分で元気になっていく治療院なら和鍼灸治療院へ。

整体のみでもOKです。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町




熊谷市 重力と上手くつきあう姿勢とは何か

2018年03月10日 [記事URL]

当院では姿勢指導や姿勢矯正をよく行っています。

それは最初から「姿勢指導をしてほしい」という依頼ではなくて、

「この症状をとるためにはこういう姿勢に問題がある」

「もう少しパフォーマンスをあげるにはこのような姿勢を意識したほうがいい」

という流れから行うケースがほとんどです。

姿勢指導・姿勢矯正で当院が最も重要視しているのが「位置エネルギー」です。

「鉛直」(重力の方向)にバランスよく立つことで最も負担のかからない姿勢となります。


鉛直のバランスのイメージを理解するために、面白いアートがあるので紹介します。

ロックバランシングといいます。

Gravity Glue(重力接着) by Michael Grab

art-of-rock-balancing-by-michael-grab-gravity-glue-2.jpg

art-of-rock-balancing-by-michael-grab-gravity-glue-5.jpg

art-of-rock-balancing-by-michael-grab-gravity-glue-7.jpg

art-of-rock-balancing-by-michael-grab-gravity-glue-15.jpg

引用:The Art of Rock Balancing by Michael Grab
http://twistedsifter.com/2013/01/rock-balancing-art-by-michael-grab/

これは重力自体が接着剤のようになって石が積みあがっています。

実は人間も同様の原理が働いています。

「鉛直にバランスをとることができれば姿勢を保つのに力は要らない」

ということです。


人間は地球に立っています。

「筋肉を鍛えて姿勢をよくしましょう」

という主張は、重力を考えない限り、根本的に間違えています。

まず、重力の上に存在していることが大事。「筋肉の要素は二次的なもの」と考えてみてください。

鉛直方向からずれたときの補正のために姿勢保持の筋肉が無意識的に使われているのであって、その逆ではないと考えてみてください。

なるべくバランスを保ち骨・腱・靭帯を有効に使うことが大事。

姿勢保持のために筋肉は使われており、その使用は最小限が望ましいです。


バランスから外れ姿勢保持のために無駄に筋肉を使っていること。

これが多くの怪我や病気を生んでいる原因の盲点といえます。

現在、姿勢の常識は根本的に間違っています。

その「筋肉教」とでも呼ぶべき誤解が多くの症状を生んでいることもお伝えしなければなりません。

筋肉を鍛えてよい姿勢を作る、というのは地球の重力を軽視した危険な考え方だと当院は考えています。

「どこに向かって筋肉をどう使用するのか?」

これを考えないとバランスが崩れたままですし、もっとバランスが酷くなる場合も多々あるのです。

「動かない部分の補正」としてある筋肉が過剰に使われて負荷がかかって、ある筋肉が使われていないとするならば...、そのケースでは筋トレが答えになるはずがない。

「動かない部分が動くようにすること」「正しい動きの道筋を作ること」が先決といえます。

身体を良くするには順番があるのです。


運動をして身体を壊すというケースが絶えないのは、ひとつはこの点の無理解に大きな原因があります。


「なぜその筋肉の緊張が抜けないのか?」という疑問。

重力の問題を考慮しているでしょうか?「動かない部分」はどこでしょうか?緊張の抜けない局所のみを悪者にしていませんか?


多くの方が姿勢指導で症状が変わってしまうのを目にしてきました。

もし姿勢が原因で不調なのかな?と思いましたらお気軽にご相談ください。

地球の重力とうまく付き合う方法を一緒に考えていきましょう。

地球との付き合い方を考える姿勢指導・姿勢矯正なら和鍼灸治療院まで。

整体のみでもOKです。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町




  


お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 048-522-5200 メールでの問い合わせ


※ 夜21:00以降の施術につきましては追加3000円いただきます。

PageTop



熊谷市 鍼灸「和鍼灸治療院」
  • 住所:〒360-0812
    埼玉県熊谷市大原3-4-6
  • 048-522-5200