スタッフブログ - 熊谷市「和鍼灸治療院」

HOME > スタッフブログ

埼玉県熊谷市 鍼灸も整体も姿勢分析も試行錯誤してパワーアップ中

2018年02月11日 [記事URL]

今日は休みで、2年以上前のカルテを整理していました。時々眺めてみると、本当に懐かしくなります。

「あ、この頃はこのような見方をしてたんだっけ」など改めて考えさせられます。

当院は結構カルテを細かく記入するほうだと思います。訳が分からなくてもとにかく情報をあつめて対処しよう、という昔からの習慣です。

場所によっては「ウチは~という治療法でやっています。奇跡の治療法で、これがベストです」のような立場でやっているところもあるでしょう。

私は「万人に合う治療法はない」と考える立場です。ひとりひとりにあったもの、それをどう見極めるかが大事だと考えています。

またしいて言えば、「自然治癒力(本人が持っているもの)は症状を問わず効果的である」ということで、「自然治癒力を高めるなら、あの手この手でやってもいいんじゃないの?」というユルい感じで「比較的何でもありなノリ」でやっているのが当院です。

現状、クールなシステマ化とは程遠く、日々ジタバタ泥臭く試行錯誤を繰り返してしている治療院とも言えます。

しかし当院に長く通っている患者様はよくわかってくださっていますが、試行錯誤するからこそ興味深い発見があるのです。

当院の患者様は比較的他で「よくわからない」といわれてきた方も沢山来ているので、ありきたりな診方では通用しません(汗)。だから新しいことに挑戦しなければいけないのです。

苦闘する中での発見は、治療法の発見でもあり、患者様自身の過去を見つめなおす発見でもある...このような感じで施術者側・患者側の相互で共有する形でやっています。

最近来ている方では、割とふくらはぎ(謎の痛さ多数でしたね)や坐骨周辺から首肩などを治そうとジタバタしているのを経験された方も多いと思います。

新しいことは、一見無駄な突飛なことのようでも、それがズバッと効くと「今までの努力はなんだったんだろう...(笑)」というような鮮やかな効果になることも多く、そのホームラン性の当たりを求めて新しいことにトライするのです。

2年前のカルテを眺めていると、これ今なら思いっきりわかる!!今だったらこうすれば治るのに!!という悔しい思いをすることがいっぱいありました。

また訳が分からないけど効果が出たような例も今では綺麗に説明できるものもあります。

私の勉強は上手くいかなかった日々の悔しさから来ているので、願わくばまだ同じ症状で悩んで来られなくなった方にはリベンジできればしたいものです。

そうはいっても一期一会で一回一回が勝負なので、なかなかリベンジの機会は望んでできるものではありません。

それなので日々病と向かい合いつつ私を信じて通ってきてくださる患者様には、心から感謝をしていて、一刻も早く元気になれるよう私も研究を重ねなければと思うのです。

通えば通うほど、自分の身体の見方が深まっていくような治療院を目指しています。

ですので、私は治療院をしていますが、半分塾のような感覚でもあります。

「患者様の身体」を「テキスト」として読み解いていく考察の場、と捉える。

病気から回復していく過程で自分への身体の学びが深まっていくということです。

自分の身体を知っていただくことが、治癒にも直結し、今後の人生にも生かされればなお良いなと思います。

繰り返しになりますが、「万人にあう治療法はない」「自然治癒力は症状を問わず効果的である」と私は考えています。

患者様が自然治癒力を認識し、身体に対する見方を変えるとき、私は毎回感動します。「手技療法家が治しているのではなく、患者様に自然治癒力があり治る力がある。私はその自然治癒力が発動する手助けをするのみ」という自覚が私にはあります。

難しい病気からでも鮮やかに回復される方は、自分の力で治っているんですね(事実)。患者様の自然治癒力に対する自覚が芽生えるのを間近で見ることは、本当に治療家冥利に尽きます。それが大きな第一歩だと知っているからです。

しかしそれでもなお、自然治癒力を引き出す職人的な技術というのは厳然として存在し、私もなんとか患者様の治癒力を引き出せるよう今後も勉強していく所存です。

いつも通ってくださる患者様が、自分自身の身体を知って、楽になって、さらに楽しんで頂けたら本当に嬉しいです。そのためにも、これでよいというのは無いというスタンスであと数十年はジタバタ(=試行錯誤)するスタイルでいくかもしれません。それが成長に一番早いと感じているのです。

またその学びを患者様にどんどん還元することで、社会的な存在意義がはじめて生まれるのではないかと考えています。

今日は休みで、実家で自分の弟の首肩を診ました。あえてジタバタ。腕や腰や下半身からはイマイチ変化しなかったけど目周辺を変化させたら一気に首が緩み、それだけでなく肩の可動域も変わるという発見があり、「これは価値があったわ~」といってくれました。さあ、これをどう他の患者様に活かすか...ホント、日々発見だらけで面白い仕事です。

試行錯誤を繰り返し、日々少しづつ進化し続けています。成長を楽しみにしてくださる方も多く、また「もっと身体を変えていきたい...」と治療法の進化を待っている方も多く励みになっています。


昔来られた患者様も今来たら絶対違う診方で治療できると思いますので、お気軽にご連絡ください。

身体を楽しむ鍼灸・整体なら、埼玉県熊谷市の和鍼灸治療院へ。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町



埼玉県 「よくわからない病気」と取り組む際の原理原則

2018年01月26日 [記事URL]

昨日来られた患者様。時々当院のブログを読まれていたが、なかなか問い合わせをしてみる勇気が出なかったの事。

ふと思い立って電話してみたそうで、初診となりました。

身体のこわばりや自律神経失調症状や不安など、当院には割と多い症状なので安心してもらうよう伝えました。


今回の記事は、その患者様との対話の中で多くの方が外してしまいがちと再認識したポイントについて少し書いてみました。

長い間病気で苦しんでいるにもかかわらず、自分で治す際の原理原則を外している方が多いのではと感じています。


その原理原則とは、

「人には自然治癒力がある」「治りをよくする考え方・治りを悪くする考え方がある」

ということです。

これを腑に落としているかどうかで、治り方が変わってしまう場合が多いと実感しています。

自然治癒力は症状を問わないものであり、この深い納得・理解が治癒へのカギになることが多いのです。

薬や健康食品に頼る前の原理原則。

それは

「人には自然治癒力がある」という大前提であり、

「治りをよくする考え方・治りを悪くする考え方がある」という、思考で一瞬一瞬に切り替わる体の変化がある事実の直視です。

本当に一瞬一瞬で身体は変化・反応しています。

意外ともうみんな薄々わかってることが大事だったりするのです。

これを「腑に落とす」ことが重要ポイントです。

当院に来られた患者様は「潜在意識」など様々なことを知識としては知っていたそうです。

ただ今回、思考と連動する体の変化を実際に体感して、

「今まで知識として知っていたことが、今日ここに来て全部つながった感じがする」
「腑に落ちた」
「当たり前と言えば当たり前のことなんですね(笑)」

と言ってくれました。そうなのです、当たり前のことが実は忘れられがちな現代社会なのです。


この原理原則が腑に落ちると意識が変わります。生活も変わります。お金もかからないことです。

このようなことでも、ややこしい病気を乗り越えていくステップとして大きな第一歩なのです。


病気を見つめることが自分を見つめ直すことにつながるならば治癒の過程は決して無駄ではなかった、と後で思う人も多いです。

病気があったからこういう風に自分を捉えなおせたんだな、と思った時に、すでに大きな一歩を踏み出しています。


単純な話ですが、腑に落とすというところが一寸難しいかもしれません。

そこがポイントです。

症状に苦しみながらも取り掛かる手掛かりがない場合、ご参考になれば幸いです。

自分を見つめなおす鍼灸・整体なら、埼玉県熊谷市の和鍼灸治療院へ。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町




熊谷市 緊張を取り内臓機能を変えていく整体&鍼灸 ~ゆるい妊活 応援します~

2018年01月08日 [記事URL]

日本は不妊大国と言われています。多くの方が不妊で悩み、疲弊している現状があります。

このような記事もありました。

講談社BOOK俱楽部 日本は「妊娠できない不妊治療」が世界一多い国。出産率最下位の衝撃!
http://news.kodansha.co.jp/20160818_b01

『意外に思われるかもしれませんが、じつは日本のART(生殖補助医療)の治療成績は、国際的に見ると際立って低いのです。』

日本では不妊に関していくつかの誤解があります。

子宮自体を一生懸命温めてはいけません。38度で卵子は死んでしまいます。35度で元気です。

温めるべきは子宮というより、「お臍より上のお腹」かまたは「仙骨」を温めるのです。

温度勾配による循環という視点でみますと、子宮を温めることを熱心に行ってもむくんで血液の流れは停滞することになるでしょう。


日本独特の大きな誤解としては、姿勢と自律神経の関係についてです。

自律神経は内臓をコントロールしています。ここに不妊の問題もからむと考えます。

姿勢自体が緊張をもたらし内臓機能を低下させているケースが多々あります。

日本で言われている「(いわゆる)良い姿勢」は胸を張り背筋を伸ばすものですが、これが過ぎると全身の過緊張を生み内臓の機能を落とします。

もともと緊張が抜けない人が多いのが日本の現状です。

「自分の不調は姿勢の悪さが原因なのではないか」と考えて、胸を張り背筋を伸ばして余計に調子を崩している人が結構います。

それは緊張状態に拍車をかけているということなのです。

世間でよくある「姿勢矯正」をした結果、意図せずに「過緊張の姿勢に矯正」させられているケースもあります。

姿勢矯正をしたあと自律神経症状が出てきてしまって当院に来られる方もいる状況です。

ではなぜ「いわゆる良い姿勢(胸をはり背筋を伸ばす)」で不調になるのでしょうか。

理由はいくつかありますが、ひとつは胸を張り背筋を伸ばすと交感神経優位になります。

動物を見ればわかります。リラックスするときは背中は丸い、それが基本です。

交感神経優位=緊張が抜けない、ということです。

さらに現代人はパソコンなどで体幹を固めている人が多い。

さらにそのような方がインナーマッスルを鍛えたりする等してさらに体幹を固めることに疑問を持たない現状があります。

そうなると呼吸も浅くなります。

呼吸と自律神経は連動するので、呼吸の浅さは交感神経優位と連動してきます。


このように、現代人は「脱力」が苦手なのです。

リラックスした体の状態にもっていくのに鍼灸と整体は非常に効果がありますが、さらに姿勢指導も重要になる所以です。

妊活に話を戻しますと、子宮の動きは呼吸による仙骨の連動が関係します。

背骨の呼吸の動きがないと子宮も卵巣も動きが悪くなります。

良い呼吸が子宮の循環に関係しているのですが、体幹が固まってしまっては動きのある深い呼吸ができません。

交感神経が緊張した状態が続くと内臓機能が低下します。

ストレスによって食欲がなくなったりするのは自律神経の問題の典型ですが、ストレスによって生理不順が起きたりするのも、ホルモンの影響の前に自律神経の影響があるのです。

妊活にも関係するわけです。

不妊大国日本の不妊症の原因の一端は「自律神経の問題」が密かに多く関わっていると考えます。

自律神経は内臓機能をコントロールしています。

真面目な国民性もあり、社会全体が交感神経優位の状況を作り出しているようにも見えます。

社会的ストレスのほか、姿勢の緊張を含め、身体の奥の緊張が抜けない人が多いです。

自律神経が交感神経優位(緊張モード)で呼吸が浅い人が多い。

自律神経の問題と呼吸の問題は表裏一体です。

この点は鍼灸が効果的な分野です。

「不妊治療」という状況自体で、「プレッシャー」のように非常にストレスがかかっているケースもあるでしょう。

仮にそのような状況下でも当院は自律神経に強い鍼灸×整体の立場からできるだけ「ゆるい妊活」になるよう応援したいと考えています。

ほっと身体がゆるむような楽しく身体を整える場でありたい、というのが当院のスタンスです。

緊張を抜く・ゆるむということは自律神経を整えることに通じ、身体全体の機能に関わるため妊活に限らずやってみて損はないと言えます。

身体を整えることは気分にも関係してきます。「心身一如」と言われるわけです。

いずれにせよ当院は自分の身体を見つめなおす契機となれる場を、ゆる~く作っていきたいと考えています。

「全体的に身体を整えていきたい」という方はお気軽にご相談ください。

緊張をとり自律神経を整える整体・鍼灸・姿勢指導なら、埼玉県熊谷市の和鍼灸治療院へ。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町




熊谷市 姿勢矯正・骨盤矯正 間違った方向に矯正しないでください!

2018年01月06日 [記事URL]

先日、顔面神経麻痺で来られた患者様。

「姿勢矯正をやった次の日に顔が麻痺してしまったのですが、これって関係あるのですか?」と聞かれ、「え...まさか、そんなことあるんですかね」と私は最初答えました。しかし、よくよく聞くと凄い話でびっくりしたのでお伝えします。

某所で姿勢矯正をまじめに通って受けていたそう。そこで「背筋を伸ばし、胸を張る」方向に矯正をかけ、さらに「(自宅など楽な場面でも)崩れて戻ってしまうからその『いい姿勢』を日々キープしてください」とのこと。

患者様は真面目に実行していたそうです。

私は顔面神経麻痺もよく診るし、姿勢指導も行っているので、この姿勢矯正・姿勢指導が麻痺の原因だとわかりました。

顔面神経麻痺の治療は肩こりの治療も行います。なぜなら首肩の血流を改善させることが必要だからです。

今回の背筋を伸ばし、胸を張り、日中キープし続けるというのは、首肩を緊張させ血流を悪化させる方向に働きます。

患者様に、背筋を伸ばし胸を張る姿勢と脱力した姿勢、二通りの姿勢をとってもらいました。

「どちらが首肩の緊張を感じますか?」と尋ねます。

「背筋を伸ばしているほうが緊張します」と患者様。

「どちらが楽ですか?」

「力を抜いているほうです」

「そっちの方ででいいんですよ」と私。

緊張していて、その状態を日中キープしつづければ凝るのは当然だし、血流が悪化するのは当然です。

顔面神経の走行は首肩の緊張の影響を受けるので、多くの鍼灸師は顔面神経麻痺の治療で首肩こりの治療もします。

絶え間ない緊張を強いる姿勢指導を行い、緊張方向に矯正をかけたのが顔面神経麻痺の引き金になったケースです。

今回は麻痺でしたが、その他でも頭痛やめまいにつながるケースもあります。

首肩の血流が悪化し様々な症状が現れるのですが、良かれと思っている姿勢に問題があることが臨床現場では多々見うけられます。

姿勢が気になっている一般の方はもちろんですが、整体・接骨院・リラクゼーション・ヨガなど関係者の方にも姿勢の矯正方向にはくれぐれも注意していただきたいと思い今回あえて記した次第です。




熊谷市 姿勢矯正 「楽にしてると罪に感じてしまう」は病気の永久ループの入り口

2018年01月06日 [記事URL]

不登校を含め症状があって学校に行くのが辛い子供達に対し、姿勢指導をして効果があがっている。教育する側は体への影響を直視してほしい、と切に思う。

教育する側が無自覚なだけでなく、親まで一緒になって子供が不調になってからも「姿勢が悪いからだ」「姿勢が悪いからだ」と言って逆方向の矯正をかける。

子供はもっと苦しい。呼吸も浅くなる。気分も落ち込む。座っているのが辛くなる。だから楽になる姿勢を教えるだけで子供は喜ぶ。親が「背筋を伸ばしなさい」と言わなくなると子供はさらに喜ぶ。

最近でも有名なアスリートの本が売れていて買ってみたが、「背筋を伸ばしましょう」等と書いている部分は残念に思う。

毎日毎日運動ばかりやって超元気な人達が、人前で背筋を伸ばし「スキっとするでしょ?」と言ったところで大して影響ないかもしれないが、当院のように自律神経症状を訴える人が多く集まるところでそのような背筋を伸ばし胸を張る指導をすれば一日中頑張って悪化するのが現実。

不調の人が真似をしてしまったら負のスパイラルに入る場合が多々ある。これを指摘する人がいない。

自律神経症状でいえば、むしろ逆に鉛直上に丸く「脱力」で改善するケースばかり。

腰痛もそうで、背筋を伸ばしたときに背中の筋肉のテンションは上がる。そして抜けない緊張の連鎖で悪循環に陥るケースが後を絶たない。

ヨガ・ピラティスなどの小洒落た宣伝写真を見て勘違いする人も続出中。つまり、健康な人たちの集団的勘違いが世間の同調圧力を加速し負のスパイラルを生んでいる。

良かれと思っても合っていないものは合っていない。人に合った指導をしなさい、という話でもある。

背筋を伸ばし胸を張る方向は、治癒とは逆方向に働く人が圧倒的に多いのが自律神経症状の臨床現場。例えば自律神経症状をひきおこす肩こりなど、背筋伸ばして胸を張るなら「永久ループ」の完成。これが、まさかの現実。

子供だけではなく、大人に丸く脱力することを教えると「え...?こんなに楽な姿勢でいいんですか...?」と多くの人が言うのにびっくりしている。

現代日本では「ゆるく楽な姿勢」であること自体に「罪の意識」があるらしい...。それが姿勢指導をしていて一番興味深く、また「くっそ~、自分がやらなきゃな~」と本気にさせられる部分。

その罪の意識を吹き飛ばし楽になると、気分も身体症状も快方に向かう。ところが、世間一般の姿勢矯正などと称するものは、リラックスする時にも「姿勢が崩れるから背筋を伸ばしてください」などと緊張状態で型に嵌め続ける。

世間の「背筋を伸ばした姿勢でいなさい」という目。同調圧力。日本社会の病理の縮図。日本社会の病理を生み出す先兵として同業者がチラシなどで「背筋をピンと伸ばしてないのは悪」の如く宣伝している実情は、緊張が抜けない子供らを一層苦しめる方向に親を追い込む。

肩こりだのが国民病など笑わせないでほしい。姿勢教育の「洗脳」で生んだ症状に国の医療費を突っ込んで、「医療費がパンクしそうです」とか、世の中間違ってると思うが、矛盾を指摘するのは身体の専門家がやらなければ誰もできない。やらざるを得ない所以。

東洋医学の古典の時代には、教育によって背筋を伸ばし胸を張る人が続出している病因は考慮されていない。「背筋を伸ばしていないと罪のように思ってしまう」...これは現代日本ならではの「未病」といえる。

※「未病」...「治未病」(未病を治す)という考え方が東洋医学にあります。

黄帝内経 素問
四氣調神大論篇第二

是故聖人不治已病、治未病、不治已亂、治未亂、此之謂也。

現代語訳:この故に「道理に明るい人は、病気になってしまってから治療方法を講ずるのではなくして、まだ病にならないうちに予防する」、というのである。国家を治めるのと同じように、騒乱が起こってしまってから、これを治める方法を研究するのではなくして、騒乱の発生する前に、未然にこれを防ぐのである。
 
また、難経七十七難に
上工治未病.中工治已病者.
という言葉があり、優れた医者は病気の予測を行い事前に対処するということが述べられています。

この東洋医学の言葉にかけて今回「楽にしてると罪に感じてしまう」ことが病気を引き起こす前の「未病」に相当すると書いてみた次第です。


自分を見つめなおす鍼灸・整体なら、埼玉県熊谷市の和鍼灸治療院へ。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町




新年のご挨拶

2018年01月01日 [記事URL]

新年、明けましておめでとうございます。

昨年当院に来院された皆様、今年もよろしくお願いします。
一層治療技術の向上に励み、皆様と一緒に深く身体観を掘り下げ探求していきたいと考えております。

今まで来院されていない、このページを読まれている皆様。
当院は鍼灸と整体を看板としていますが、自分の身体に関する見方を深めたい方はぜひご来院ください。
症状をきっかけに、治療を通じて自分自身の身体と向かい合う...そのような時間を少しでも多く作っていきたいと思っております。

皆様にとってよい一年となることを祈念しつつ、よりよい日々の生活にささやかな貢献ができるよう取り組んでいく所存です。

新年は1/4日から始めます。それ以前でもすぐお電話に出られるかわかりませんが、お気軽にお問合せください。

よろしくお願いします。

和鍼灸治療院 小和瀬健互
平成30年 元旦



年末年始のお知らせ

2017年12月28日 [記事URL]

当院の年末年始の予定をお伝えします。

年内は12/29日まで営業しています。
12/30~1/3まで休診になります。
新年は1/4(木曜日)からスタートさせていただきます。

よろしくお願い致します。

和鍼灸治療院



熊谷市 肩こり・背中の張り...繰り返すのは何故でしょうか【姿勢矯正の注意点】

2017年10月03日 [記事URL]

肩こりや背中の張りは一般的によくみられる症状です。

多くの方がこの症状に悩み、多くの治療院、整体、マッサージ、リラクゼーション、鍼灸院、接骨院、などに通っています。

当院に来られる患者様にも多くおられます。

突然ですが、問題です。以下の写真の姿勢は「良い姿勢」でしょうか?

4DS 悪い巻き肩 t01800240_0180024013258081465.jpg

解説は後述します。

たまたま当院は自律神経症状を診る機会が多いのですが、多くの方に肩こりや背中の張り、首の痛みなどがあります。

これらの症状は延長線上に不定愁訴や自律神経症状とも縁が深いのです。

もっとも、そこまで多方面に悪影響が広がらずとも、多くの方が肩こりや背中の張りのため重苦しく気分が晴れない現状があります。

いままでの対処法を患者様に聞くと、ほとんどの方が「痛いところ」「凝っているところ」に『しか』治療をしていなかったと言われます。

これはおおむね他の治療院、整体、マッサージ、リラクゼーション、鍼灸院、接骨院、病院...etcに行って施術してもらっても同様のようです。


しかしこの対処法では繰り返すのは当然です。


なぜなら、コリや張りといった症状は、他の部分のテンションがそこに症状として現れたにすぎないからです。

コリやハリをもたらすテンションの原因は、手先の場合もあれば足の骨のバランスの場合もある。内臓の場合もあれば姿勢の場合もある。多くのパターンがあります。

それを『局所のコリやハリのみを悪者』にしてそこをなんとかしようとしても難しいのが現実です。


もちろん、それで一時的に楽になる場合もあるでしょう。しかし繰り返す場合、「原因はその局所自身には無い」と考えたほうがよいでしょう。

何度局所の血行を良くしようと、変わらないテンションがある限り繰り返す、ということです。

見落としているテンションを日常動作のなかから丁寧に探ることが、なかなか変わらない症状を変える手掛かりになるのです。

それは姿勢も含みます。ひとつ言いますと、世間の姿勢の常識は大きく間違っています。

姿勢自体に抜けない緊張が含まれているのが日本の姿勢教育・姿勢矯正の現状です。これをお伝えすると多くの方がびっくりします。


次の問題。「良い姿勢」はどれでしょうか?

4DS  姿勢三パターン 貼り付け用トリミング   32f1f8a5dc4b49d3cb77323fa09267b8.jpg


多くの方が真ん中や、右側の姿勢を選んだのではないでしょうか?

実は、真ん中や右側は「平背」です。胸椎の後弯カーブが失われており、様々な症状が現れます。

猫背を恐れて、逆に背筋を伸ばした平背の人が大量にいるのが現代の日本です(江戸時代までは体の使い方や着物などの関係上このような姿勢になりにくかったと考えられます)。

背骨は本来、以下の図のような「S字カーブ」があります。

4DS 背骨のカーブ t02200342_0225035012398698880.gif

先ほどの3人のうちの右の人のような反っている姿勢の人は肩こりや背中のはりや頭痛が出ることになります。

胸を張ったあげくバランスをとるために相対的に首が前に行きます。そして以下のような上部交差症候群になるわけです。

4DS カイロ引用 上部交差症候群 20161126163628957.jpg

先ほどの3人のなかでは左の方が一番良い姿勢です。しかし日本の方はこれを「猫背」だと思って忌み嫌っていませんか?

解剖学を勉強した人でも生身の人間をみると間違える人がほとんどです。

胸椎のカーブがあるからこそ頸椎のカーブもできることに注目を。

「ストレートネック」と病院の画像診断で言われたからといって、高い枕を買って頸だけなんとかしようとしてもなかなか上手くいかないわけです。

しかし実際には多くの方が間違えており、健康産業の業者にお金を払い続けることになっています。


なお、背中の緊張に関して言えば、姿勢の問題は大きいですが原因は無数にあります。

体重増加や外国人のようなプリッとしたお尻を真似して突き出して骨盤前傾になり背中全体が緊張している場合もあります。

日本人はもともと民族の歴史的に骨盤後傾しているのがデフォルトなので、ここでも無理がくるわけです。

足の緊張が抜けない場合もあります。手の場合もあります。顔の場合もあります。重心の癖の場合もあります。様々な理由がありますが、総じて自分の緊張に気が付かない場合がほとんどと言えます。

内臓の場合もあります。胃袋などの場合、負担を減らすため食を見直す必要がある場合もあります。

精神的に緊張しても背中は勝手に緊張します。体幹がガチガチになります。このような時に体幹トレーニングなどで体幹を固めると火に油を注ぐ結果になります。

いずれにせよ、誤った常識「背筋を伸ばしなさい!」(正常な胸椎のカーブを失うレベルに反らして背中を緊張させる)は悪化要因です。

「背筋を伸ばしてないから背中がはるのです」という言葉を真に受けてしまう人があとをたちません。

さらにひどいのは姿勢矯正と称するものにわざわざお金を払って正常な胸椎の後弯カーブを無くしてしまう場合も(結構多い。それで逆に病気になって治療院に来るわけです)。

胸を張って背筋を伸ばしてピッとしてみて、自分の身体で確かめてください。背中の緊張は増加しているでしょう?

自分の緊張増加のパターンを感じられないから、肩こりも背中のはりも無くならないのです。

大事なのは、ヒントとしては「力の要らないポジションにすること」「脱力」です。

胸を張る姿勢はそれだけで交感神経緊張(自律神経が緊張モードになっている。すなわち「緩む」「リラックス」の反対です)のポーズです。

動物を思い出してください。戦うとき、緊張しているときに胸を張り背筋を伸ばすという行動が多いことに気が付きます。

4DS 交感神経 ゴリラ.jpg

こちらの猫もリラックスモードとは違いますね(笑)

4DS 副交感神経ではない 猫.jpg

企業戦士も至る所で胸を張り背筋を伸ばすことが奨励される日本。

パリッと緊張した姿勢を示すことで周囲に「やる気がある」ことを示し続けなければいけない場合は注意が必要です。

仕事をしていないときも解除しなければ緊張しっぱなしで病気の元になります。

4DS 交感神経 企業戦士.jpg

姿勢と緊張モード/リラックスモードには深い関係があるわけです。

繰り返しますが前述したように、肩こりや背中の張りにおいてはそれぞれ人の緊張のパターンは無数にあることはおさえてください。

ただ緊張の強い姿勢はいずれにせよ悪化要因になるため、症状を繰り返しているなら見直しが必要な部分といえます。


(当院に来られた方には個人個人に合わせた具体的なアドバイスをしています。)

一番最初の問題に関しては、もう「良くない姿勢」だとわかっていただけたのではないでしょうか。

よいS字カーブが失われた「平背」です。胸をはり、背中の緊張が抜けない姿勢です。

後頭部が伸ばされ首肩周辺の血流も悪化します。

こうなると様々な症状が将来的に起こることが予測できます。


世の中の姿勢の常識に影響されてしまって身体を壊している人があとを絶ちません。

肩こりや背中の張りが、姿勢に関する固定概念に原因がある場合も多いのです。

姿勢や力の抜き方などを見直すことで改善スピードが変わってきます。


今日も初診の方の背中の張りや首肩の痛みを、局所を触らずとも楽にすることができました。全体のバランスの問題だからです。

緊張が抜けないので、姿勢のアドバイスもさせていただきました。

動物や、子供のような緊張が抜けた姿勢を思い出していただきたいです。


4DS 副交感神経 サル.jpg


多くの方がご自身の辛さをきっかけとして日常生活を見直す気づきになれば...と願って施術をしています。


ご参考となれば幸いです。

肩こり、背中の張りの鍼灸・整体なら、埼玉県熊谷市の和鍼灸治療院へ。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町



埼玉県 「精神面と連動した痙性斜頸」に鍼灸×整体が即効

2017年04月20日 [記事URL]

本日来られた斜頸の患者様。3/28に初診、4/20現在5診目が終わったところです。

首が右に曲がってしまい7年症状の変わらない痙性斜頸が、鍼灸治療と整体で一か月もかからずに速やかな回復をしています。

左に向けるようになったので、今まで電車とバスで一時間半ほどかけて通院されていましたが、今回初めて車に乗って45分かけて来られました。

ボトックス注射や気功やマッサージをされても一向に変化がなく、精神的にも苦しんでいたとのこと。

似たような斜頸の方の参考となれば...と今回お伝えしようと思った次第です。

1診目(3/28)。来られた際の状況。

7年前に精神的に辛いことがあり、そこから7年間斜頸のまま症状が変わらない。

精神的に落ち込むと(自己嫌悪)症状が悪化する。カウンセリングをしても症状は変わらないまま。ボトックス注射を定期的に行っていたが、全く効果がない。

意識するとなんとかまっすぐに向ける。横になる(寝る)と症状がおさまる。

当院では心理的な要因でも身体から診ていくようにしています。心理的なものがトリガーとなるのであるならば、どこが固くなるのかを丁寧に診ていきます。

今回、腕と胸に大きな反応がありました。そのポイントを刺激すると即座に首がラクになりました。しかし、すぐ戻ります。

とりわけ、嫌なことを思い出すとてきめんに症状が悪化。またここでどこが固くなるのか確認。いずれにせよどこが固くなるか法則性を見つけることで、症状が悪化した時にも、どこが固くなり首が回らなくなるのか納得してもらうことをしました。

「得体の知れないものではない」と解かってもらうことも、治癒への第一歩。

心の問題を解決することも身体に影響する、と納得していただき、さらに「当院はいずれにせよ、身体から全体を見直すことを東洋医学的視点から専門的にやります」と伝えました。

案外身体を整えることで心も変わることが多いということは、もっと多くの方に知っていただきたい事実です。

この日は効果のあるポイントを確認した後に、円皮鍼を張って終了。

何をしても変化が無かった症状が、いきなり変化したことで今後に希望を持ってもらえたようでした。

自然治癒力の話をして、治る力が自分自身にあるということも理解していただきました。

2診目(4/2)。前回やった日は首がまっすぐで2~3日症状が軽かった。今日も首が傾くが手を押さえなくても正面を向くことができた、とのこと。

前回の治療と同様の治療。

3診目(4/8)。前回以降、基本的に力むと曲がることがわかったとのこと。力まないことを心掛けたら首がまっすぐに向けている。

以前は力まないようにしてても引っ掛かりがあったが、今は引っ掛からずに左が向ける。

以前効果的だったポイントに灸頭鍼。鍼の上にお灸を乗せ、熱を奥に入れて筋肉の緊張を緩ませてみました。

また足首や膝下の調整も整体を行い、結果「過去最高に緩んでいる」とのこと。

4診目(4/14)。前回治療後また戻ってきてしまったが、「完全に左を向くことができるようになった」「意識的に前(正面)を向くことができるようになった」とのこと。

胸のあたりに効果的なポイントを発見。患者様はひとりひとり身体が違うので、丁寧に見ていくことでパターン化した治療の限界を超えることがあります。

4回の治療で首に変化を与えるポイントを何個も見つけることができました。これを患者様の日常のセルフケアに活かしていただきます。

セルフケア、自己対処が効果的にできるようになると、治療がもう一段階進むことができます。

本日5診目(4/20)。前回のあとから鏡をみても明らかに今までと違うとのこと。

首が左を向けるようになり、正面もラクに向けるので、今回はじめて車で通院。

身体の緊張が抜けないことを自覚。心よりも身体が先に緊張している感じとのこと。

以前はしょっちゅう自己嫌悪に陥っていたが、最近は少なくなったとのこと。

以前に自然治癒力・自己治癒力の話をしたことがあったのですが、今は患者様も前向きになって、

「今は『自分は治る』と決めつけている」とのことでした。

私はこれを聞いて非常にうれしく思いました。

私の患者様で難しい病気を乗り越えてきた方の大きな特徴が、「治る」という自己信頼や、「治りたい」という強い思いがあることでした。

治ると思ったほうが、自己治癒力が発揮されやすいようです。

これは逆を考えてみるとよくわかります。ネガティブな感情に包まれているとそれだけで病気になってしまうことは多々あります。


今回も辛いケースを機に発症し、自己嫌悪の感情で悪化するという症状でした。

これを正面から捉えなおし、効果的な治療とセルフケアによって改善しているのだと思います。


今回の回復に、患者様は「(治療開始してから)まだ1か月も経っていないんですね。笑っちゃいますね」と言っていました。

7年かかった斜頸が短期間で回復したことの嬉しさが伝わってきました。

この5回の治療で、ボトックス注射をしたところは全く触っていません。全然違うポイントで大きく変化しています。

現代医学でも難しい症状でも考え方を変えることで打開策が見えてくることがあります。

今回のようにボトックス注射が効かないケースでも、一度鍼灸を試してみる価値はあると思います。

「〇大病院は斜頸の権威だそうですが、今までのは一体何なのでしょうね...」と患者様が言っていました。

患者様それぞれに効果的な治療ポイントは異なる、ということだと思います。

ひとりひとりの身体を丁寧に観察し、現代医学の盲点を突く効果を出すこと...ここに東洋医学・鍼灸・整体の変わらぬ存在意義があると考えています。


精神面と連動した痙性斜頸でお困りの際はお気軽にお問い合わせください。

精神面と連動した痙性斜頸の鍼灸・整体なら、埼玉県熊谷市の和鍼灸治療院へ。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町




熊谷市・深谷市・行田市 スポーツ障害に整体×鍼灸は非常に効果的&即効

2017年04月02日 [記事URL]

スポーツ障害、とりわけ痛みは、整体と鍼灸を使うと非常に手っ取り早く改善できることが多いです。

今回、ぜひ「スポーツ由来の痛みのある方」に整体×鍼灸の有効性を知っていただきたいと思い記事を書きました。


先日4/1記事もスポーツ由来の腰痛の改善例について述べましたが、今日もまたスポーツ関係についてお伝えするのはきっかけがあります。


今日娘の部活(バレーボール)の練習試合があり眺めていました。娘の同級生が腰を急に痛めてしまったのですが、娘に呼ばれて診たところ肩と足首を手技で調整し3分くらいで全て痛みがとれました。

痛みが取れた子どもも一緒に見ていたお母さんも、腰を触らずに治したことにびっくりし、また5分位で戻り完全復活してきたのでチームメイトもびっくりしていたそうです。

(ちょっとだけなら、と思ってやったら意外と驚かれて図らずもデモンストレーションになってしまった)

案外、急性痛で「痛みの部位と違うところに問題がある場合があり、経絡を整えれば治る」というのはまだまだ常識ではないのだと感じた瞬間でした。

普段仕事で難治性の痛みと向き合ってきたため、案外スポーツの痛みはズレを調整すれば済む場合が多く、改善しやすく感じます。

自分の技術はもっとスポーツをする方々に「気軽に」役に立てるかもしれないと思った次第です。

そして、ふと最近も何度もスポーツで痛めた患者様を即効で治していたことを思い起こしました。宣伝していませんでしたがやはり当院の整体×鍼灸はスポーツの痛みに非常に強いと考えています。

「全身の動きの連動性」を診ることが当院の得意とするところだからです。

この2週間ほどの中からいくつか事例をあげたいと思います。

◎中学生 サッカーの腰痛

小学校4年から何度も繰り返している腰痛。筋トレで痛くなったりする。最近では相手と接触したことで急に痛みが出た。

おそらく他の医療機関だと腰に問題を求めるのかもしれないが、当院では肩と足首周辺に問題を求め、一回ですべての痛みが消失。


◎20代 野球の膝痛

一年半前にバットを振って「ゴリッ」と音がした。診断名は「骨挫傷」。その後痛みが減りながらも右足をかばいながらの生活。右足に負荷をかけると痛む。

病院でリハビリを担当する作業療法士のため、現代医学的な視点と異なる視点を期待して来院。

同じ病院で理学療法士をされている当院患者様からの紹介。

経絡で言うと「肝経」「胆経」ラインの調整を、整体と鍼灸で行い、膝関節の位置異常が改善。膝が内側にずれなくなった。

さらに灸頭鍼と整体で、最終的にはじめのかなりの痛みが無くなりました。

プロとして現代医学的視点を知っているだけに、一層変化の度合いに驚いてくださりました。

あとは自分で様子を見るということで一回で終了。メンテナンスのアドバイスをして様子を見てもらいました。

◎70代 乗馬・ロッククライミングの腰痛 剣道の膝痛

他の疾患の治療が第一希望だが、長年の慢性腰痛と膝痛もある患者様。

過去に乗馬で落馬したり、ロッククライミングで激しく落下(尾骨も潰れた)。スキーの怪我で今も足首がおかしい。

まず腰痛で検査を兼ねながら上半身を調整。これで痛みが大きく改善。さらに剣道で痛めている膝痛の痛みまで変化。

二回目の治療で腰の痛みが軽減したとのことなので、膝関節にさらに細かくアプローチ。

「肝経」「胆経」の調整で膝の痛みが大幅に軽減。メンテナンスのアドバイスをしました。


三回目の治療で、前回のアドバイスを非常に熱心に守って取り組んでくださった甲斐があり、治療前の時点で長年困っていた腰痛も膝痛も痛みが消失している。


まだ腰は重い感じがするが、今回までに塗り薬・貼り薬を使わずに済んだ、とのこと。

メンテナンスによってさらに長年の腰痛・膝痛が劇的に改善していることを実感。

(この患者様が頑張ってメンテナンスをしっかり行ったことが実を結んでいます)

現在、膝と腰をケアしながら他の疾患で継続中。

このように、最近痛くなった痛みでも、長期間困っていた痛みでも、大きく変化する場合が多々あることを知っていただければと思った次第です。

今まで現代医学的なものの見方で治療してきた方が見落としている、「身体の動きの連動性」の異常を見抜くことがポイントです。

腰痛でも腕や足首が原因のこともあります。膝痛が背中などからきている場合もあります。

身体を丁寧に診て、異常部位を一緒に探していくことになりますが、ここで患者様は自分の身体のクセに気づく場合があります。

自分の身体のクセがわかれば自分で手当てしていくこともできます。


当院では「病気や怪我を通して自分の身体を見つめなおす」ことを重視しています。

病気や怪我は患者様の姿勢・動き・習慣(場合によっては考え方も)の反映とみることもできます。

ここが見えるとメンテナンスのアドバイスが効きます。


治療を通じ自分自身の身体を見直していくことは、今後の自分の人生において非常に役に立ちます。


不調時に自分で対処できるヒントが見つかれば何よりだと思います。

東洋医学には「治未病」という有名な言葉があります。

まだ病気になっていないものを治す、という意味です。

異常のパターンが見えれば、これからの身体のケアにも活かせます。これは昔から東洋医学の得意とする部分です。

スポーツをされる方々に、ぜひ自分の動きの癖を知っていただき、怪我・病気の予防をして、さらにプレーのパフォーマンスを高めていただければ嬉しく思います。


もしスポーツで痛みが出た際に、骨折や捻挫等でなければ、お気軽に当院までご相談ください。

スポーツによる痛みの整体・鍼灸なら、埼玉県熊谷市の和鍼灸治療院へ。


埼玉県全域、群馬県全域、その他東京都、栃木県ほか他の県からも来院されています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。予約制です。


埼玉県
さいたま市 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市
春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市
上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市
八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市
北足立郡 伊奈町 入間郡 三芳町 毛呂山町 越生町
比企郡 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町
秩父郡 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村
児玉郡 美里町 神川町 上里町
大里郡 寄居町
南埼玉郡 宮代町
北葛飾郡 杉戸町 松伏町


群馬県
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 
北群馬郡 榛東村 吉岡町
多野郡 上野村 神流町
甘楽郡 下仁田町 南牧村 甘楽町
吾妻郡 中之条町 長野原町 嬬恋村 草津町 高山村 東吾妻町
利根郡 片品村 川場村 昭和村 みなかみ町
佐波郡 玉村町
邑楽郡 板倉町 明和町 千代田町 大泉町 邑楽町




《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9 


お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 048-522-5200 メールでの問い合わせ


※ 夜21:00以降の施術につきましては追加3000円いただきます。

PageTop



熊谷市 鍼灸「和鍼灸治療院」
  • 住所:〒360-0812
    埼玉県熊谷市大原3-4-6
  • 048-522-5200