埼玉 胆石と鍼灸治療 - 熊谷市「和鍼灸治療院」

HOME > スタッフブログ > 埼玉 胆石と鍼灸治療

埼玉 胆石と鍼灸治療

2014年08月02日

最近胆石があることがわかった患者さん(他の病で長く治療している方)を診ました。まだ決めていませんが近々手術を考えているそうです。

まずは苦しみを和らげるのが私の仕事と思い、くるぶしのツボや膝横の下側のツボを使って治療。「なんとなく楽になった」と言ってもらいました。

しかしなかなかスカッといかないものですね。そこで胆石と鍼灸について調べてみると試してみたい例がいろいろあります。中国鍼灸でも胆嚢点というツボがあります。今日使った陽陵泉というツボの下一横指です。

胆嚢とツボに関してこんな研究もありました。
経穴の特異的作用に関する研究--胆嚢形態に及ぼす丘墟穴の作用について

今日、自分も丘墟穴使ってました。科学的にも影響が認められるということのようです。

興味深いものでは昭和の名灸師・深谷伊三郎著
「お灸で病気を治した話」(鍼灸之世界社)。
第九集32ページから引用します。

(以下引用)
下肢の三陰交、漏谷、地機の三穴、左右で六穴の灸穴へ施術すると、以上のように胆石痛を起こさせないようなはたらきをすると同時に、現在胆石痛を鎮静化させる効果もある。
(中略)
とにかく理屈をこえて胆石痛には下肢の三穴で鎮静効果があるのだという事実を述べて結びとしておく。
(以上)

書かれているように、足と胆嚢の関係は面白いですね。

私の師匠はくるぶし内側下の照海というツボがいいと本で書いていました。

元々鍼灸治療は西洋医学が日本に入る前から存在していましたし、現代医学が発達するまえから親しまれていたものです。

今回は昭和の本から引用しましたが、2000年前の治療を参考にすることも多いのがこの世界。

過去の蓄積を大切にするということです。

偉大な先人たちに敬意を払いながら患者さんと向き合っていきたいと改めて思いました。

「こんな症状は鍼灸師に相談してもしょうがないよ」と思わずに相談してみると、案外対応可能な疾患は多いものです。

まずはお気軽になんでもご相談ください。


鍼は痛いのではと思う方も多いようですが、実際は0.2ミリ前後(髪の毛ほど)の太さのため、あまり痛みは感じません。また、鍼はすべて消毒済のディスポーザブル鍼を使用しております。鍼を入れたあとは血行がよくなり、じんわり心地よいものです。

お気軽にお問合せください。

<埼玉県>
熊谷市・深谷市・行田市・東松山市・小川町・寄居町・滑川町・嵐山町・吉見町
羽生市・加須市・本庄市・美里町
<群馬県>
太田市・伊勢崎市・大泉町・邑楽町・千代田町・館林市・明和町

埼玉県 鍼灸治療なら「和鍼灸治療院」をご利用ください。
熊谷市・深谷市・行田市は出張費無料です。



お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 048-522-5200 メールでの問い合わせ


※ 夜21:00以降の施術につきましては追加3000円いただきます。


PageTop



熊谷市 鍼灸「和鍼灸治療院」
  • 住所:〒360-0812
    埼玉県熊谷市大原3-4-6
  • 048-522-5200